せんねんまんねん

まどみちお

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784652040669
ISBN 10 : 4652040660
フォーマット
出版社
発行年月
2008年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,32p

内容詳細

あらゆるいのちとあらゆることは、めぐりめぐり、からまりあい、ささえあい、つながりながらつづいている…。詩人まど・みちおの言葉が、柚木沙弥郎の絵によって、雫のように深く胸に落ちてくる絵本。〈受賞情報〉産経児童出版文化賞美術賞(第56回)

【著者紹介】
まどみちお : 1909年、山口県に生まれる。1934年に投稿した詩が北原白秋の選により特選に選ばれる。1951年に書いた「ぞうさん」は、いまも日本人に最も愛される童謡のひとつとして歌い継がれている。1968年にはじめての詩集『てんぷらぴりぴり』(野間児童文芸賞受賞/大日本図書)を刊行。以来98歳を超えた現在まで次々と詩集を刊行し、数々の賞を受ける。『まど・みちお全詩集』(理論社)で芸術選奨文部大臣賞のほか、多くの賞を受賞。1994年に日本人初の国際アンデルセン賞作家賞を受賞。2003年には日本芸術院賞を受賞した。詩作のほかに、1961年から数年間のあいだに描いた多くの絵画作品がある

柚木沙弥郎 : 1922年、東京に生まれる。国画会会員。女子美術大学名誉教授。倉敷の大原美術館に勤務していたとき型染めの暦に出会い、民芸に魅せられる。1990年、『宮沢賢治遠景』(用美社)で第一回宮沢賢治賞を受賞。絵本の仕事に『魔法のことば』(1996年度「子どもの宇宙」国際図書賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    童謡「ぞうさん」のまどみちおの詩の絵本化。ヤシの実が落ちて、それにびっくりしたミミズが土から出てきて、そのミミズをヘビがのんで・・・と、単純な因果関係の無限ループかと思って読み進めていたら、いきなり人類史のはるか前までさかのぼり、その時間スケールの壮大さにうおおっとなった。

  • mntmt さん

    果てしない…

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    一本のヤシの木から拡がる、壮大な千年万年の世界に、吸い込まれていくような絵本です。 まどみちおさんの詩は心暖まる優しさに満ちていますが、こんなに壮大な応援歌も書かれていたのですね。 心がゆったりしてきて、とても大きな気持ちになりました。 柚木さんの絵も、イメージを膨らませていくのにピッタリだと思います。

  • ムフィー さん

    まどさんの詩に、柚木沙弥郎さんのおおらかな画風が合う。いろんな命があって自然はめぐりめぐることの大切さを知る。

  • はな さん

    まど・みちをさんの詩を画家 柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)氏の絵がひらく。氏は芹沢_介の弟子。最後の一枚に詩の全体が載るが、一枚ずつ、ゆっくりとした速度で語り、めくりするうちに、壮大なひろがりがつたわってくる。何度か読めばじわじわくる作品。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

まどみちお

1909年山口県生まれ。1968年に出版された詩集『てんぷらぴりぴり』(大日本図書)が野間児童文芸賞を受けた。作品集、詩集、曲集など数多くある。2003年には、長年の詩と童謡創作の業績により日本芸術院賞を受賞。2014年逝去。1994年国際アンデルセン賞作家賞を受ける

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品