風の又三郎 雪渡り・十力の金剛石 扶桑社文庫

ますむらひろし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594017347
ISBN 10 : 4594017347
フォーマット
出版社
発行年月
1995年05月
日本
追加情報
:
16cm,242p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 吉田あや さん

    どっどど どどうど どどうど どどう。宮沢賢治の自然を捉える言葉のリズムは躍動感に満ち、その姿をありありと捉えていて心を掴む。どうどうと風は吹き、お日様は真っ白に燃え、ザラメをかけたような霜で木はぴかぴかと光る。地球が育んだありのままの美しい景色を心から愛し大切にしていたことが伝わる宮沢賢治の物語に、目では決して捉えきれない光をもってますむらさんは添えてくれる。世の中のすべてを信じることはできなくても、宮沢賢治に学ぶ大人になってもウソをつかず、人を嫉まずの心持ちをずっと大切にしたい。

  • ぜんこう さん

    宮沢賢治の本を読んでみたら、ますむらひろしの絵でイメージしたくなった。「風の又三郎」「雪渡り」「十力の金剛石」の3編。「雪渡り」が珍しく猫で擬人化していない作品だし、知らない話だったので印象に残りました・・・人間の子供と狐の話なので、人間を猫で描くと狐との違いが小さくなっちゃうか?

  • bee さん

    『その十力の金剛石こそは露でした。ああそしてそして十力の金剛石は露ばかりではありませんでした。碧いそら、かがやく太陽、丘をかけて行く風、花のそのかんばしいはやびらやしべ、草のしなやかなからだ、すべてにこれをのせになう丘や野原、王子たちのびろうどの上着や、涙にかがやく瞳、すべてすべて十力の金剛石でした。あの十力の大宝珠でした。あの十力の尊い舎利でした。』

  • 牧野由依さんのYui Makino Concert〜twilight melody〜に参加するオジャ さん

    きつねと人間の和解を描いた雪渡りが愛しい……。

  • 卯月 さん

    遊学館。『風の又三郎』『雪渡り』『十力の金剛石』全て原作既読だが、『十力』全く内容覚えてなかった。でも一面に金剛石が降る場面、素晴らしかった。現在岩手居住なので、『又三郎』の雰囲気が前よりよくわかる。改めて読むと、たった12日間の物語なのか。『雪渡り』、招待されなかった兄さん達も、素直で良い子だと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ますむらひろし

1952年、山形県米沢市に生まれる。1973年に「少年ジャンプ」への応募作「霧にむせぶ夜」で手塚賞を受賞。漫画雑誌「ガロ」編集部を経て、1977年から著者の代表作となる「アタゴオル物語」の連載が「マンガ少年」誌上で始まる。「アタゴオル玉手箱」シリーズで1997年度の日本漫画家協会賞を受賞。1983年

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品