銀座ママが教える「できる男」「できない男」の見分け方

ますいさくら著

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569619163
ISBN 10 : 4569619169
フォーマット
出版社
発行年月
2001年12月
日本
追加情報
:
182p;20

内容詳細

男は、服装、会話、性格、そしてお金の使い方から判断しよう。銀座の人気会員制クラブのママが教える、富・名声・愛を手に入れた「できる男」の法則。ビジネスマン、OL必読の1冊。

【著者紹介】
ますいさくら著 : 拓植大学外国語学部卒業。バンクーバーコミュニティカレッジ留学。丸紅バンクーバー支店で勤務。帰国後、免税店で働きながら銀座デビュー。姉の志保とともに、銀座に会員制クラブ「ふたご屋」を開く。現在、ママ兼作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • リンリ さん

    あてにならなかった

  • 白としろ さん

    仕事ができる男は目が違う。童心を忘れない。服装は最大のプレゼンテーション。脱ぎ方で差が出る。マイナスを武器にする。明るい色を着こなす。高価なものを効果的に使う。老いを隠さないほど若々しい。ビジネス用とカジュアル用でメガネを使い分ける。アクセサリーは控えめにする。些細なことで怒らない。お酒は飲めなくても飲めるふりをする。他の人のためにボトルをキープする。自分より相手を楽しませる。生き方と同様に帰り方もプランする。朝食は家族と食べる。お金を何に使うか見極める。今日を懸命に生きる。

  • nyantamaru さん

    ふーん、て感じ。女性がスカーフをするようにネクタイを結ぶ。時計が綺麗だと人生も光る。靴は第2の男の顔。帰り方もプランする。板長と知り合いになる。ワインはグラスでもらう。全体的にぼやっとしていてこれだ!って感じはつかめない。ただ銀座のママさんにこれだけの話を正攻法で聞いていては車1台なんて余裕で買えてしまうだろうから得したのかなぁ、と。

  • Masaharu Kamiya さん

    この手の本は本屋さんによく積み重ねられているので読んでみたいと思ってました。しかし、銀座のクラブは高くても財布に30万も有れば大丈夫との事。銀座のママからこれだけの話を生で聴いたらマンションが買えますので、とても良いお勉強になりました…

  • Yuichi Saito さん

    最近のバブル回顧系の話題に違和感を覚えつつ書棚を見たらあった本。出版時ははっきり言って馬鹿本扱いでしたが、たまたま今般読み返すとなかなかの教訓がちりばめられています。魔の多い世代にお勧めです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ますいさくら著

拓植大学外国語学部卒業。バンクーバーコミュニティカレッジ留学。丸紅バンクーバー支店で勤務。帰国後、免税店で働きながら銀座デビュー。姉の志保とともに、銀座に会員制クラブ「ふたご屋」を開く。現在、ママ兼作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品