たたかいの社会学 悲喜劇としての競争社会

ましこひでのり

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784883030699
ISBN 10 : 4883030695
フォーマット
出版社
発行年月
2000年07月
日本
追加情報
:
19cm,310p

内容詳細

傷ついた自分をみつめ直すために!本書は「たたかいにかつ」ための本ではない。「たたかいにかつことは、いいことだ」という議論にまけそうなとき、めげない元気を呼びさます。競争のもつ悲喜劇にたえるための、心の予防ワクチン。

目次 : 1 なにと「たたかう」のか?/ 2 競争/ゲームのパラドクス/ 3 相対評価=序列主義の逆説/ 4 業績原理の背後の官僚制、大量生産、社会ダーウィニズム―相対主義、流体思考、ディジタル化/ 5 あいてを自分の土俵にあげる/ 6 擬似的生物学イメージによる秩序/ 7 やくわり秩序/ 8 優先順位―おいこし、わりこみ、まちぼうけ

【著者紹介】
ましこひでのり : 1960年茨城県うまれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。現在、中京大学教養部教授(社会学)。主要著作、『イデオロギーとしての「日本」』(三元社、1997年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ましこひでのり

1960年茨城県うまれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了(博士:教育学)。日本学術振興会特別研究員などをへて、現在、中京大学国際教養学部教授(社会学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品