teddybear ケータイからあふれたLOVE STORY 2

べあ姫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784777104451
ISBN 10 : 4777104451
フォーマット
出版社
発行年月
2006年08月
日本
追加情報
:
19cm,215p

内容詳細

月間PV12億の携帯サイト「魔法のiらんど」から生まれた、「ケータイからあふれたLOVE STORY」待望の第2弾。女子高生がケータイで書き、多くの人が号泣した物語。精一杯生きることの大切さを伝える。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 真琴 さん

    本の帯のコメントにひかれて読みました。もうこの本本当に泣けました…。彼氏を切らしたことのない高校生で鍵っ子リストカットシンドローム晴奈が成也と出会い物語は始まっていくんだけど…。成也は記憶障害治ることのない病気,そして…,結末が…本当に号泣し過ぎました。作者のあとがきもこの物語を読んだ後だったからだと思うけどとても心打たれました。

  • 青い向日葵ෆ* さん

    この本、めちゃくちゃ泣けました。記憶障害の病気を乗り越え、懸命に生きようとする晴奈と成也の物語。

  • M さん

    (再読)成也との間に運命的なものを感じるのがあまりにも早いような気がしたけど、高校生はこんなものなのかな。あとは友達が出てきては消え、出てきては消え…というのが多くて(誰?)となることが数回。瑞穂と仁さんにはぜひ幸せになって欲しい。

  • M さん

    登録以前に読了。

  • honoka さん

    ★★★☆☆高校生の頃に友達から借りた本。当時の携帯小説って、病んでる女に彼氏ができて、でもその後に病気とかで恋人が死んじゃう。そんな私の境遇ってかわいそう…(泣)って内容が多すぎだったなぁ。 そもそも私はバットエンドは苦手なので今更再読することはないだろうなぁ。それでも当時は、誰かが死ぬという展開だけで無条件に泣けてた年齢だった。泣きながら読んでた記憶あるからこの評価。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品