不夜城のダンディズム ダリア文庫

ふゆの仁子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784861340833
ISBN 10 : 4861340837
フォーマット
発行年月
2005年07月
日本
追加情報
:
15cm,270p

内容詳細

「なんであんたみたいな奴が、こんな場所にいるんだ?」新宿歌舞伎町のナンバーワンホスト・佐加井崇宏を初めて見た瞬間、奥山瑞樹は思わずそう口にしていた。上質で誰もが魅了されざるをえない美貌を持つ佐加井。そんな完璧な男にホストとしての教育を受けることになった瑞樹は佐加井に憧れ、少しでも追いつこうと努力するが…。夜が香るゴージャス・ラブロマンス。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ネムー さん

    受けも攻めも勝手に思い込んでぐるぐる回っていると言う感じで、たまに「受け、ちょっと待て!」と言いたくなった(苦笑)舞台はホストなので華やかに感じました。

  • かとりーぬ さん

    初ホスト物。ふゆのさんのは、そこそこ読んでますが。 ゲイである必然性が感じられない。攻さんも、ホモじゃないし。登場人物に魅力がないです。やまねさんの絵はきれいだけれど。

  • アヤッターマン さん

    絵師様買い。ナンバーワンホスト×新人ホストのお話。受がお客の女の子と寝たってあるけど、受の性格だとそういうのはしなそうな感じだと思ったから残念。そのせいで受の攻への想いを純粋に見れないというか、複雑になってしまいました・・・(はぁ。)

  • なつの さん

    BLの王道のようなお話でサラっと読了。よくある勘違いや説明不足によるすれ違いですね。やまねさんの絵が素敵でした。

  • 雅茶 さん

    好意ある風に言うけれどそれ以上本音を言わないで、相手の態度で逃げ腰状態で自己完結。すれちがい〜あと、親の問題とか一体何だったのだろう・・・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ふゆの仁子

1993年「冷たい瞳のプリンス」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品