よるですよ! たんぽぽえほんシリーズ

ひろかわさえこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784790251712
ISBN 10 : 4790251713
フォーマット
出版社
発行年月
2007年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
23cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

「夜」って一体いつからだろう。お父さんも、お母さんも「まだまだ」だって。夜を心待ちにしているくまの男の子は、待っているうちにだんだん眠くなっちゃって…。夏の夜が楽しみになる絵本。

【著者紹介】
ひろかわさえこ : 北海道小樽市生まれ。武蔵野美術大学商業デザイン科卒業。日本児童出版美術家連盟会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遠い日 さん

    子どもの頃、こんなことを考えたなぁ。夜になる瞬間だとか、眠りに落ちる瞬間とか。くまくんが、「夜」にこだわる理由がかわいいな。早く、夜になってほしかったその気持ちも、わたしも経験があること。

  • こどもふみちゃん  さん

    2・3・4歳向け。 『夜っていつから?』うちの息子もよく同じことを聞いてきます。ねえ、まだ?と何度も何度も聞いてくるくまくん、それには早く夜が来てほしい理由があるのです。

  • hamako さん

    3歳2か月の息子に。「よるっていつから?」「なんだかねむくなっちゃった・・・」早く夜になってほしいくまのこども。理由は花火だったんですね。眠くなってしまった時の顔見て笑っていました。息子の笑いのツボが謎。

  • leafmoon07 さん

    この本の影響か?!夜になる瞬間(日の沈む時)をみたい長男。この本をきっかけに我が家から見た日が出る方向と沈む方向を学べました。絵はあんまり好きではないけど、親子の会話が微笑ましい。

  • わぴねむ さん

    絵柄はそんなに好みではないけど、夜を楽しみに待つこぐまと、おとうさんおかあさんのやり取りがとても微笑ましく共感できる。ただ、うちの息子は途中で絶対駄々こねるだろうなぁ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ひろかわさえこ

1953年、北海道小樽市に生まれる。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科を卒業後、文具のデザイナーを経て絵本作家へ。あたたかみのある水彩のタッチからポップな色合いの線画まで、多彩な画風に定評がある。日本児童出版美術家連盟会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品