はちみつぱい

はちみつぱい プロフィール

はちみつぱい | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

はちみつぱいは、1971年から1974年にかけて活動した日本のロックバンド。はっぴいえんどと共に、日本語ロックの先駆者として知られる。初期の頃はハチミツパイと表記されることもあった。

メンバー

  • 鈴木慶一(ボーカル、ギター、ピアノ)
  • 渡辺勝(ボーカル、キーボード、ギター)(1972年9月脱退)
  • 本多信介(ギター)
  • 武川雅寛(フィドル)
  • 和田博巳(ベース)
  • かしぶち哲郎(ドラムス)
  • 駒沢裕城(ペダルスティール)(1972年9月加入)
  • 岡田徹(キーボード)(1973年9月加入)
  • 椎名和夫(ギター)(1974年秋頃加入)

略歴

1970年、鈴木慶一はあがた森魚らと共にあがた精神病院を結成。後にあがた森魚と蜂蜜麺麭(はちみつぱい)と名前を変えるが、メンバーは一定せずロックバンドというよりは、あがた森魚のバックバンド的な活動を行っていた。バンドの名も、あがたがビートルズのハニー・パイ(Honey Pie)から引用したものだった。これを前身として、1971年から蜂蜜ぱいと名乗り、あがたとは独立したロックバンドとしての活動を行うようになる。渋谷百軒店のライブハウスであるBYGへの出演を活動の中心に、岡林信康やあがた森魚、西岡恭蔵などのアルバムのレコーディングにも参加した。

1971年8月、鈴木慶一、渡辺勝、本多信介の3名で第3回全日本フォークジャンボリーに出演。これをきっかけに和田博巳が加入。1971年秋頃にはセッションを通じて武川雅寛が、オーディションにてかしぶち哲郎が加入し主要メンバーが出揃う。1972年春頃、表記をはちみつぱいに改めた。1972年5月、春一番コンサートに出演。1972年9月、渡辺勝が脱退し、これに入…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%