万引き変愛記

ねじめ正一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087745986
ISBN 10 : 4087745988
フォーマット
発行年月
2003年01月
日本
追加情報
:
20cm,221p

内容詳細

万引き被害が急増している門花民芸店。石の道祖神、益子の傘立てまでが万引きされた。門花民芸店では犯人探しに大わらわ。民芸店主が恋する帽子の女は犯人なのか。不器用な男と女の純情物語。

【著者紹介】
ねじめ正一 : 1948年、東京・高円寺に生まれる。81年、処女詩集『ふ』で詩の芥川賞といわれる「H氏賞」を受賞。89年、『高円寺純情商店街』で直木賞受賞。市井の人々の日常を、優しさあふれる筆致で描いた作風で人気を博する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nyanco さん

    商店街の人達の人物像が良く描かれている。ねじめさんの得意分野。

  • さくら さん

    主人公は商店街で民芸品を扱う門花。最後まで帽子をかぶった女性の正体がわからなかった。まるでふわふわとしたわたがしのようだ。

  • mimm さん

    販売畑の人間なので、万引きに関しては…笑えない…。コミカルな語り口に救われつつ、ラストまで一気読み。去った者、そしてこれから訪れるだろう災厄と、もやもやな余韻を抱きつつ読了。でもこれ以上はいっか。

  • yu さん

    万引き犯(かもしれない)の女を見張っているうちに、だんだん惹かれてしまった民芸店店主の男。怪しい怪しい思いながら、彼女の民芸品の知識や目利きの良さに惚れ込んでいく。親しくなってからものらりくらり躱され、結局彼女は何者だったのだろうか。二人を取り巻く、商店街の人達も個性的で際立っていた。

  • ユカリ さん

    ねじめ正一の商店街ものはいつでも面白い。それぞれの商店の立場が違い、足並みがなかなか揃わないのが可笑しい。謎の女を探すうちに気になって仕方なくなるのはミステリー界のお約束ですがねじめさんだと詩的な情緒と門花さんのモタモタ感が絶妙でした。終わりかたも良い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ねじめ正一

東京都生まれ。詩人。詩集『ふ』によりH氏賞受賞。小説『高円寺純情商店街』で直木賞受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品