そらとぶこくばん 福音館創作童話シリーズ

ねじめ正一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834010008
ISBN 10 : 4834010007
フォーマット
出版社
発行年月
2004年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,79p

内容詳細

本当は王様の食卓になりたかった2年1組の黒板。でも我慢してずっと黒板をやっていた。「もう嫌だ」と、夜中に教室を抜け出した黒板は、お城を目指して空を飛んでいくが…。スピード感あふれる、愉快な黒板の物語。

【著者紹介】
ねじめ正一 : 1948年、東京に生まれる。1981年、詩集『ふ』で「H氏賞」を受賞。1989年、初めての小説『高円寺純情商店街』(新潮社)で直木賞受賞。東京都在住

山口マオ : 1958年、千葉県千倉に生まれる。1987年、ザ・チョイス年度賞入賞とともにイラストレーターとしてデビュー。1991年、年間日本のイラストレーション新人賞受賞。2002年、『わにわにのおふろ』が第一回アジア絵本原画ビエンナーレの佳作に選ばれる。千葉県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みつばちい さん

    息子が図書室で借りて来てくれて、オススメだから読んでと手渡されました。にねんいちくみのこくばんはおうさまのしょくたくになりたくて教室から逃げ出します。そらとぶこくばんになってお城へ行くもたくさんのライバルの存在を知ってまた別の場所へ。何度もチャレンジする必死な姿が可愛い!ラストはほっこりします。シュールで温かな本でした!

  • くり坊 さん

    読み聞かせ本。絵主体の本でなくても大丈夫そうで、少し長めのお話が良さそうなときは、これかな。ねじめ正一、しみじみ多才だ。

  • 杏子 さん

    2年1組の黒板が、誰からも利用されないので教室から逃げ出し、王様の食卓を目差して空を飛んでいく。なぜ王様の食卓?いろんな黒板だの卓球台だの板の仲間から大人気なのはなぜ? 黒板のなくなった2年1組はどうなるの?要らないの?最終的に南の島の子供たちのために居残ることになるが、それは必要としている人のところに残るのが幸せということか。文章もリズムよく、特徴ある擬態語と、これはずいぶん作者の色が出ているのだろうね。

  • nyanco さん

    「2ねん1くみのこくばんは、ほんとうはおうさまの食卓になりたかったのです。」この最初の一文にワクワク。文章はねじめさんで、絵がわにわにの山口さんという楽しいコンビ。う〜ん、王様の食卓になるって高倍率だったんですね!他の王様のところを探して、黒板がさまようあたりは、音の響きが楽しく、読み聞かせに楽しいかも。黒板が辿り着いたのは…、最後はちょっと教育的な感じもしますが、これを子供たちがどう感じるか…が、ちょっと気になります。続→

  • 頼ちゃん さん

    これはぜひ2年1組に読んであげたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ねじめ正一

東京都生まれ。詩人。詩集『ふ』によりH氏賞受賞。小説『高円寺純情商店街』で直木賞受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品