おせちのおしょうがつ ワンダーおはなし絵本

ねぎしれいこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784418078127
ISBN 10 : 4418078126
フォーマット
出版社
発行年月
2007年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

こぶまき、まきまき、きーんとん。くろまめ、まめまめ、ご・ま・め…。おせちの歌を歌いながら、おせち料理の仲間たちが鏡餅の家に遊びに行くストーリーで、子どもにもおせち料理の由来がわかるおはなし絵本。

【著者紹介】
ねぎしれいこ : 作家。埼玉県生まれ。公共図書館の児童室に勤務し、ストーリーテリング、絵本の読み聞かせなどを経験する。その後、書き手となり、「ワンダーブック」など月刊保育絵本を中心に活躍中

吉田朋子 : イラストレーター、造形作家。愛知県生まれ。企業のデザインセンター勤務ののち、フリーに。イラストを中心に、創作菓子・手芸工作など、多彩な手法で雑誌、教材、広告などで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぱお さん

    フェルトや布を使ったやわらかい感じの絵本(^^♪伝統のおせち、全部はたいへんだからできるものを取り入れていきたいな。

  • あおい さん

    おせちが鏡餅の家に重箱の車で出かける。途中仲間が増えたりアクシデントもあるけどみんな楽しそう。フェルトや布で作られたおせちが柔らかくていい味だしてる。

  • いろ さん

    '14正月予約多で未読,年齢的に今年が限界…と,正月過ぎたけど借りてみた。でも,ストーリー展開が想像以上に幼かった; 4歳頃がベストだったな〜。それでも,手芸作品によるお節の料理達はふっくら温かみに溢れて,可愛らしく,とても素敵。これを見て楽しめただけでも,借りて良かったv 6歳男児は,黒豆がおとそに浸かって,すっかり酔っぱらっている様子にウケていたw 最初は「ぼくをぬらさないで」って言ってたのに,助けられた後は自分からもう1度浸かってるしw 蓮根がお節料理でなくタイヤに徹しているのも気になっていた様子。

  • 水の国の雨巫女。 さん

    《書店》おせち料理深い。うちに帰ったら、もうなかった。今年はゃ!

  • Mariko Ito さん

    お正月は過ぎてしまいましたが、やっと読めました(^o^)布やフェルトで作られたおせちたち!見ているだけで、あったかーい気持ちになります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ねぎしれいこ

作家。埼玉県生まれ。公共図書館の児童室に勤務し、ストーリーテリング、絵本の読み聞かせなどを経験する。その後、書き手となり、「ワンダーブック」など月刊保育絵本を中心に活躍中

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品