教育問答 中公新書

なだいなだ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784121004888
ISBN 10 : 4121004884
フォーマット
出版社
発行年月
1977年12月
日本
追加情報
:
18cm,224p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • dcchem さん

    学校、教育とは何か。なだいなだと教育ママAさんとの対話形式によって、明らかにしていく。受験戦争当時に書かれたものだが、今読んでもその内容は色あせていない。

  • たかなし さん

    今でも通用している話だろう。 が、話の展開がお医者先生に夫人Aが相談に行くという設定上、議論と見せかけて医者の一方的な持論の展開になっている箇所が多く見られる。 教育に対する一つの視座という認識を忘れてはいけない。 自分には論文ではなく、小説として、読んだほうがよいと感じた。

  • サムライマニア さん

    教育は子供たちに「額縁」を無理矢理押し当てて納めようとしていることに等しい。今こそ評価基準の見直しを図るべきときかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

なだいなだ

1929‐2013。精神科医、作家。本名、堀内秀。1942年旧制の私立麻布中学校へ入学(一時、陸軍幼年学校に在学)。慶応義塾大学医学部予科に入学、その間フランス留学を経験。卒業後は、東京武蔵野病院などを経て、国立療養所久里浜病院のアルコール依存治療専門病棟に勤務。1959年から「海」「れとると」など

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品