ねずみくんとシーソー ねずみくんの絵本

なかえよしを

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591094082
ISBN 10 : 4591094081
フォーマット
出版社
発行年月
2006年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25cm,32p

内容詳細

ぞうさんとシーソーで遊びたいねずみくん。でも、シーソーはびくともしない。そこで、ねずみくんは友だちを呼ぶのだが…。ぞうさんとねずみくん、ギッタンバッコンできるかな。ねずみくんシリーズ最新刊。

【著者紹介】
なかえよしを : 神戸に生まれる。日本大学芸術学部美術科卒業

上野紀子 : 埼玉県に生まれる。日本大学芸術学部美術科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nakanaka さん

    ねずみくんとぞうさんが仲良くシーソーで遊ぼうとしますが当然ながら上手くいきません。そこでねずみくんは他の友達たちを次々に呼びシーソー遊びが成り立つように努力します。その様子を黙って見ていたぞうさんが焼きもちを焼いて、という話。ぞうさんの気持ちも分かる気がして心に染みました。

  • チヒロール@ さん

    おなじみ、ねずみくんシリーズ。毎回、表紙がシュールで、お話はシンプル、動物さん達のやりとりが楽しい絵本。 大きくて重いぞうさんと、ねずみくんはじめ、動物さん達とのシーソー遊び。最後、「僕も友達なのに〜」と泣き出してしまうぞうさんがなんとも子どもらしい(^.^)仲良くギッコンバッコンできるようになる。普段の子ども達の遊ぶ場面でもよくあるよね〜。

  • ぷみら さん

    ぞうさんとねずみくんがシーソーするためには、おともだちみんなつれてこなくちゃ!!「ともだちがもういないだって!?」というぞうさんの気持ちは、3歳の娘にはちょっと難しかったけど、みんなでシーソーする様子がとても楽しそうで気に入っていました。

  • あーさん さん

    重過ぎだろ?(; ̄Д ̄)?

  • mincharos さん

    息子が大好きなねずみくんシリーズ。今回はシーソーをチョイスしてました。これまた可愛い内容!ぞうくんとねずみくんがシーソーして、もちろんバランス取れないから、次から次にお友達の動物を呼んで乗せて。それでも全然足りなくて、もうお友達いないよ〜って困るねずみくんに、ぞうくんが「僕だってお友達だよ〜泣」って!ほんと可愛いな〜。ほんわか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

なかえよしを

神戸に生まれる。日本大学芸術学部美術科卒業。作品に『いたずらララちゃん』(絵本にっぽん賞・ポプラ社)他多数がある

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド