やまねのネンネ

どいかや

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784892385773
ISBN 10 : 4892385778
フォーマット
出版社
発行年月
2002年02月
日本
追加情報
:
19×27cm,1冊

内容詳細

やまねのネンネは冬眠中。夢みてねぼけて落ちたところは、通りかかったおじさんの、やまいもばかりのカゴの中。それでもネンネは夢の中…。かわいいやまねのネンネを描くリズミカルな絵本。

【著者紹介】
どいかや : 1969年、東京都生まれ。作品に絵本「チップとチョコ」シリーズ(文渓堂)、『みけねこキャラコ』『こねこのポカリナ』『おはなしのすきなトラリーヌ』(偕成社)、『パンちゃんのおさんぽ』(BL出版)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mntmt さん

    ネンネ、すっごい小さい。かわいい!

  • 深青 さん

    まず、歌うような文章が素敵。メロディーつけて、歌っても楽しそう(*´ω`*)冬眠中のやまねのネンネ。パパとママに挟まれて、寝ていたのだけど…!ネンネの寝顔がとても癒し系。でも、途中で起きても良いと思うの(笑)

  • emi* さん

    本屋さんでみつけ、画のみならず、お話も可愛いので購入しました。リズミカルな文章が、やまねのネンネの現実と、夢の中の交互に。現実のほうは、寒い冬の感じがモノクロに。夢の中はカラフルに。じっくり見つめつつ、声に出しても読みたくなる可愛らしい絵本です。

  • くらら♪ さん

    冬眠中のやまねのネンネが見ている夢。左ページは現実のネンネ、右ページは夢の中のネンネ。現実のモノクロ風の絵と夢の中の色彩豊かな絵の対比が素敵です。共通しているのは、どちらも大冒険しているっていうこと(笑)。ちょっと可哀想なのは、おばあさん。お気の毒(;^_^A 春はまだまだ。おやすみ、ネンネ。

  • ハワイ猫 さん

    冬のモノクロのしんとした感じとネンネのカラフルな夢の中の対比が面白い。次男はネンネがどうなってしまうか心配していたけど、よかったよかった。かわいらしいお話。もう暖かくなったからネンネは目をさまして春を楽しんでるね、と話したらママとパパと一緒かな?と。きっと一緒にね。おばあちゃんの鼻の頭も治っているね、きっと。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

どいかや

1969年東京都生まれ。東京造形大学デザイン学科卒業。『アイヌのむかしばなし ひまなこなべ』(文・萱野茂、あすなろ書房)で産経児童文化賞産経新聞社賞を受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品