ピーナッちゃんとドーナッちゃん 世界の絵本コレクション

つつみあれい

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338126151
ISBN 10 : 4338126159
フォーマット
出版社
発行年月
2001年05月
日本
追加情報
:
23cm,1冊

内容詳細

ピーナッちゃんとドーナッちゃんがくり広げる独特の世界。他にもピーナッくんやモンブラリンなど、不思議なキャラクターが登場するユニークな絵本。

【著者紹介】
つつみあれい : 1973年、三重県津市生まれ。画家である父の影響で、幼いころから絵になれ親しみ、独学で絵を描き続ける。1997年に、三重県四日市市の子どもの本専門店メリーゴーランドの主催する絵本のワークショップ「絵本塾」に参加し、絵本創作を始める。『ピーナッちゃんとドーナッちゃん』がデビュー作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みゆき さん

    言葉の音が楽しい!お話の内容はシュール!最初、カップルが出てきたー♡♡とか思っていたら、Gさん出ちゃった!食べられちゃった!!治療されたけどテープ貼られてる!!!で、お弁当のサンドイッチ!!!笑いました。

  • 浅葱@ さん

    やっぱりカワイイお話なのです。大ーい好き!今週もやっと終わりホッとひと息TIMEにぴったりでした。

  • 遠い日 さん

    あっけらかんと楽しいお話。ことばの語呂もよく、リズムに乗って読み進む。ピーナッちゃんのアクシデントにどきっとし、ドーナッちゃんのハプニングにはらはら。お医者の先生のアバウトな治療にはびっくり。ドーナッちゃん、それはあんまりだよねぇ。

  • 浅葱@ さん

    なんとも愉しくて可愛らしいお話と絵です。私は、ピーナッちゃんの手術シーン(笑)がお気に入りなの。ドーナッちゃんの終わりかたに笑ってしまうし。金平糖っていいなぁと読む度に思います。

  • 絵具巻 さん

    小児科待合室で読みました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

つつみあれい

絵本作家。1973年三重県生まれ。1997年子どもの本専門店メリーゴーランド主宰の絵本塾に入る

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品