ピーナッくんのたんじょうび 世界の絵本コレクション

つつみあれい

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338126328
ISBN 10 : 4338126329
フォーマット
出版社
発行年月
2004年08月
日本
追加情報
:
23cm,1冊

内容詳細

今日はピーナッくんの誕生日。お昼を過ぎたらお友だちが来る予定。ピーナッくんが買物に出かけると、きのこママとじゅっつごちゃんが船に乗るところ。船に乗せるのを手伝っていたら、船が出てしまって…。

【著者紹介】
つつみあれい : 1973年、三重県津市生まれ。1997年に、三重県四日市市の子どもの本専門店メリーゴーランドの主催する絵本のワークショップ「絵本塾」に参加し、絵本創作を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mntmt さん

    みんなせいぞろい!良かった〜!

  • いろ さん

    9歳BD絵本祭♪ 読友さん紹介だけど,手に取るまで「ピーナツくん」と信じてたw そして画風から古い絵本と信じてたけど,2004出版。ピーナッくんが自宅でBD祝,準備に出かけてトラブル発生!お客達も訪問途中色々あって…というお話。船,そんなんでいいの?とか,ピーナッちゃん大変!なのに「お昼寝中?」ってwとか,妙な雰囲気のゆるいツッコミどころというか,笑どころたくさんで,なかなか楽しかった。モンブラリンも,モンブラリボンってw で,最後までそのまま?w 息子はモンブラリンが「つるつるてん」〜栗落下にウケる。

  • 遠い日 さん

    すんなりとはいかない誕生日のパーティーまでのようすが楽しい。ことばは語呂よくリズムにのる。あれほどピーナッちゃんにひどいことをしたモンブラリンが変身して、気まずそうにモンブラリボンで登場した時にはどきどき。ゆったりした世界観が最高に楽しいお話。

  • mori さん

    シリーズ本の最後。自分の誕生日なのに人のために行動して、友達を待たせてしまう。待っていてくれて最後はハッピーエンド。出てくる人たちがみんないい人でやさしい気持ちになれる本。

  • あこ さん

    かわいい表紙につられて読んだら本屋さんで声出して笑ってそのままお買い上げ。タイトル通りピーナッツのピーナッくんのお誕生日の一日のストーリーですが、みんなキャラ立ちすぎ!!これ子どもより大人の方が笑うんじゃないかなあ。ピーナッくんの彼女のピーナッちゃんにいたずら(意地悪?)したモンブランのモンブラリンが大変なことに(もうモンブランのアイデンティティがぐちゃぐちゃ・・)なったり、キノコのおばあちゃんがかわいかったりで毎日寝る前に読んでしまいそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

つつみあれい

絵本作家。1973年三重県生まれ。1997年子どもの本専門店メリーゴーランド主宰の絵本塾に入る

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品