あえてブス殺しの汚名をきて 角川文庫

つかこうへい

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041422052
ISBN 10 : 4041422051
フォーマット
出版社
発行年月
1979年10月
日本
追加情報
:
246p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みい⇔みさまる@ずっとまるの姉 さん

    ☆×4.5…劇作家というだけでなぜかおなかいっぱい食べるように、といわれてしまうなんともかわいそうな著者。しかも本当にかわいそうなことによりによって彼は小食なのです。それを多く食べるために裏側ではサウナに行ったりからだを動かしたりというなんという涙ぐましい努力をしているんでしょう…何かと小食は大変なものです。彼のエッセイは割とちょこっとしており、読みやすかったですし、最後の討ち入りの裏側を描いた架空会談も毒が会って小気味よかったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

つかこうへい

1948年、福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部フランス哲学科中退。74年、戯曲「熱海殺人事件」で岸田國士戯曲賞を当時最年少の25歳で受賞。舞台を次々手がける一方で、82年、『蒲田行進曲』で直木賞を受賞。90年、戯曲「飛龍伝’90 殺戮の秋」で読売文学賞受賞。2010年7月没(本データはこの書籍が刊行さ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品