CD

円舞曲

ちあきなおみ

基本情報

カタログNo
:
COCP33175
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ, リマスター

商品説明

ちあきなおみ伝説のアルバム4作品『円舞曲』『演歌情話』『そっとおやすみ』『戦後の光と影』が復刻!
ちあきなおみは1992年以降歌手活動を休止していますが、未だに根強いファンを多く持ち、シングル作品を中心としたアルバムやオムニバスCDが売れ続けています。しかしながら多くのオリジナルアルバムを発売していながら、いまだに復刻されていない作品が多く残されています。今回は、レコード対象受賞後に発売されたコロムビア中期のオリジナルアルバム4作を復刻しました。全タイトル12曲収録。デジタルリマスタリング及び紙ジャケ仕様。解説書入り。今作のオリジナル発売日は1974年5月25日。

内容詳細

1974年5月に発売されたちあきなおみのアルバム復刻盤。3拍子のリズムに阿久悠による詞がもの哀しいタイトル曲「円舞曲(ワルツ)」、ペドロ&カプリシャスの名曲「五番街のマリーへ」ほか収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
昭和40年代、雑誌には手塚治虫の傑作群が当...

投稿日:2009/12/26 (土)

昭和40年代、雑誌には手塚治虫の傑作群が当たり前のように毎週連載され、TVではちあきなおみさんの歌声が当たり前のように流れていた。本当に贅沢な時代でした。原節子にも似た引き際の潔さ。ファンにとっては余りにももったいない引退でしたが、今でもこのような形でちあきさんの作品群、歌声、息遣い、表現、あえて言えば「生き様」を追体験できることを、ありがたく思うしかありません。それでも、それでも、せめて、歌だけで良いから、カムバックして欲しいと切に思います。

nasso さん | 岩手県 | 不明

0

おすすめの商品