僕とシッポと神楽坂 8 オフィスユーコミックス

たらさわみち

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784420153195
ISBN 10 : 4420153199
フォーマット
発行年月
2015年10月
日本
追加情報
:
182p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サルビア さん

    コウ先生が、落ち込んでいる。5軒の病院に断られた老犬をコウ先生が手術したが、亡くなってしまう。SNSで、その事を誹謗中傷されたコウ先生は、心身共に疲れ、トキワさんの勧めで、離島にいく。そこで、コウ先生と同じように手術をした事で訴訟になり、医師を辞めて、島に来た紫波あきら先生がいた。

  • しましまこ さん

    獣医モノは避けて通れないよな、安楽死問題。分かっちゃいるけど読むのは辛い。可愛い猫のヴィンチとカッコ渋いシロホシが癒しだ。

  • しらたま さん

    ゴッホからヴィンチへ;たらさわさん描く動物たちはみんなかわいいけれど、ヴィンチは格別では。猫お迎えしたくなります。子育ての再現は、親には最高の癒しかも。 ぼくは、ここで・・・;命を扱う仕事だと、いつもこんなことが付きまとっているのでしょう。何が動物たちのためになるのか、難しい。 もうひとつのミッション;ホリくんが日々成長していく姿が眩しいし、軽率なSNS等の利用は、みんなが控えるべきだと思う。 うわさの二人;大地くんが前に進めてるのは、トキワさんやコオ先生等、素敵な大人と関われているためかも。

  • 玲瑚 さん

    動物たちの尊厳死を考えさせられる。同時に、飼い主のエゴも出てくるのかなぁ。

  • みるきー さん

    今、お年寄りが飼ってるペットが、面倒みられなくなった時に捨てられたり放置されたりする問題が起こっているとニュースで見たけど、最初の話はそうなりかねないお話だった。でも、堅物そうな溝口さん、実はとってもやさしくて、ほのぼのした。ぐりちゃんのお話は重かった。せっかく最善を尽くそうと努力したのに、理解の無い家族のSNSの書き込みひとつで今まで信用を築いてきたのに崩れそうになってしまうなんて・・・。ペットの安楽死の問題とSNSの怖さの両方をうまく取り込んだストーリーにどうなるのかハラハラしながら読んだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品