ゆきだるまくん、どこいくの?

たむらしげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784034393307
ISBN 10 : 4034393300
フォーマット
出版社
発行年月
2007年10月
日本
追加情報
:
21cm,96p

内容詳細

スキーをしていて、くまにぶつかってしまったゆきだるまくん。怒ったくまに追いかけられて、逃げる逃げる。スキーレースに入り込み優勝、森を抜け、街まで来てしまい…。ハラハラドキドキのノンストップ絵童話。

【著者紹介】
たむらしげる : 1949年東京生まれ。桑沢デザイン研究所修了。詩情とユーモアのある独自の世界をメディアの枠をこえて発表している。画集『メタフィジカル・ナイツ』(小学館絵画賞)、映像『銀河の魚』(毎日映画コンクール大藤信郎賞)、『クジラの跳躍』(文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞)等の作品がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ♪みどりpiyopiyo♪ さん

    「さあ、できた! ぼくの ゆきだるま!」 表紙のゆきだるまくん 可愛いです♪ すいすいーっと、ゆきだるまくん どこに行っちゃうの? ■たむらしげるさんの児童書? ページ数の多い絵本? です。黄色い背景に描く雪景色が柔らか暖かそうで。文は少なめなので、絵本から児童書への移行期にも良さそうです。■次々起こるアクシデントにも「わわわ… 」「ああ、おどろいた!」と どこか牧歌的♪ ステキなときめきはありつつも どこまでも穏やかな世界。この人の絵本が好きな理由が改めて分かりました ( ' ᵕ ' ) (2007年)

  • サルビア さん

    絵がとってもいい感じ。ぼくが庭でつくったゆきだるまが動きだし、どこかへいった。ゆきだるまくんはスキー板をはいてすべっているとくまと出くわし、そのくまからどこまでも逃げていく。

  • 遠い日 さん

    たむらしげるさんの世界らしからぬドタバタ劇で、漫画のように進むお話。雪だるまの冒険だが、それは作ったぼくがお昼を食べている間のこと。くるっと世界をひと回り。なにがあったかは、秘密、秘密。

  • 刹那 さん

    次男黙読1年と11ヶ月と30日♡結局、いつのまにか、クマくんと仲直りしてる雪だるまくんでした( ´ ▽ ` )ノ

  • ユーカ さん

    ディズニーのどたばたショートストーリーを思わせるような内容。テンポよく、イラストもセンスがいい。たのしかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

たむらしげる

1949年東京生まれ。桑沢デザイン研究所修了。独特の詩情とユーモアのある世界をジャンルをこえて発表している。映像作品『銀河の魚』(毎日映画コンクール大藤信郎賞)、『クジラの跳躍』(文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞)、画集『メタフィジカル・ナイツ』(小学館絵画賞)などがある(本データはこの書

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品