月神の統べる森で

たつみや章

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062094481
ISBN 10 : 4062094487
フォーマット
出版社
発行年月
1998年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
東逸子 ,  
追加情報
:
20cm,293p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Hideto-S@仮想本屋【おとなの絵本屋 月舟書房】 さん

    人とカムイ(精霊)が自然の中で共存していた縄文時代を舞台にしたファンタジー。幼なじみのシクイルケとアテルイは成長して月神の巫者とムラの長となり、人々の暮らしを守ってきた。海を渡ってやってきた異民族は彼らの信仰を否定し、月神の力を宿すシクイルケを魔物と呼び命を奪おうとする。太古の森で二つの民族の闘いが始まる……。縄文と弥生の二つの文化の相剋がモチーフになっている。作者のたつみや章さん(女性)は『古事記』や『日本書紀』でほとんど触れられていない《月神》がいる世界を描こうと試みたという。全4巻シリーズの第一作。

  • 今月は『新潮』を20冊にしたあーさん さん

    「邪馬台国」的な内容に『もののけ姫』を混ぜた感じ。

  • いいほんさがそ@徐々に再起動中(笑) さん

    **古史古伝・1巻**時は縄文時代末期、山も川も動物も、みな心ある存在として共生していた時代…。だが、海から来たヒメカの民はクニをつくり、ムラへの攻撃を開始した!?縄文びとの生と死を描く長編ロマン…。(紹介文・他より)――これは秀逸!自然を畏れ、敬い、そして共に生きていた縄文文化。そして、大陸から農耕の技術が渡来人と共に伝来し、自然はコントロール出来るものと考える弥生の文化。その縄文時代から弥生時代への過渡期に…文化・思想の違い故にあったであろう戦乱の時代をエグくなり過ぎず、丁寧に描かれている!稀な良書!

  • さつき さん

    遥か古代の日本を舞台にしたファンタジー。この作品の存在は知っていましたが、なかなか手を出せずにいました。読メをきっかけに読み始められて良かったです。縄文文化の担い手たちと稲作民たちの邂逅、そして争い。すべてのものにカムイを見る、森で暮らす人々の生活が鮮やかに描かれています。この作品は第1作目、まだまだ物語は始まったばかり。次の作品を読むのが楽しみです。

  • Mumiu さん

    いのちはいのちによって生かされて、いのちが消えた後、また別のいのちになって世界を紡いでいく。そんな物語でした。シクイルケもアテルイもポイシュマも、それぞれ人としての生々しい感情を抱えながら、何をなさねばならないかが行動の規範になっていて、人とはこうも気高い生き物だったんだなと思わずにいられない。たくさんのものが愛おしく感じられてしまう読後でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

たつみや章

埼玉県生まれ、湘南育ち。’91年『ぼくの、稲荷山戦記』で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。『月神の統べる森』で’99年野間児童文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品