イサナ 龍宮の闘いへ

たつみや章

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062143097
ISBN 10 : 4062143097
フォーマット
出版社
発行年月
2007年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
東逸子 ,  
追加情報
:
20cm,367p

内容詳細

仇討ちに燃える不知火のきみの息子ヒコナ。しかし有明のきみの宮行きの船は次々と敵に襲われ、イサナとクレたちも闘いにまきこまれて…。神と共に生きる海の民と海を支配する龍一族を巡る海洋冒険ファンタジー終章。

【著者紹介】
たつみや章 : 1954年生まれ。明治大学文学部史学地理学科卒。1991年、『ぼくの・稲荷山戦記』で講談社児童文学新人賞を受賞してデビュー。『水の伝説』で1996年度の産経児童出版文化賞JR賞を受賞。『月神の統べる森で』(講談社)で、1999年度の野間児童文芸賞を受賞する。熊本県在住

東逸子 : 佐賀県生まれ。東京芸術大学デザイン科卒。エッチングでイラストレーターとしてのスタートを切る。以後、ドローイング、造形などでも独自の世界を開拓する。神奈川県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • メル さん

    私好みの本で、上巻に引き続き面白かった。海底で闘うところは迫力があってよかった。イサナは巫女だからだけど、神様と会話すんの簡単すぎない?(笑)クレはイサナのこと好きだし、イサナもクレのことが好きなやつに嫉妬してるから二人が結ばれるのも時間の問題かな…?どちらにしろイサナはきっと夢を叶えて船頭になるんだろうなぁと思う。この巻で終わるのは悲しいので続きが読んでみたいです。

  • こと こいし さん

    かなり面白かったです!でもイサナのその後が読みたい…一つ分かるのは、イサナはやっぱり誰とも結婚しないんじゃないかなーということ。ヒコナがイサナと手を繋いで話してて、得意げに笑ったりしていて、この二人はすごい良いパートナーになるんじゃないかなぁとも思うんですけど(^^)仲間がやられていってしまうのがすごく悲しかってけど、最後にはみんな笑って胸を張って黄泉に旅立って行けて良かったと思いました。泣いちゃいそうでしたね…やっぱり、たつみや章さん、続きを書いて下さいませんか…面白かった!

  • み〜くま さん

    美しい竜神たちと、恐ろしい死霊。これだけなら、とても怖くて子供には読めない物語になってしまいそうですが、主人公の少女イサナの存在が物語り全体を優しい光で包んでくれているような気がします。無事に闘いが終結したことは嬉しいけれど・・・まだこの物語の登場人物たちとお別れするのは心残りです。たつみや先生、ぜひイサナの物語をまた書いてください☆

  • annakarina さん

    さくさく読みました。2歳の我が子が児童館で寝ているあいだに読了。面白かったけど、月神シリーズから読むのがおすすめだと思います。内容は少女漫画の様で楽しみました。

  • あまりりす さん

    面白かった。。。もう続編はないんだよね、寂しい…この物語はここで終わりがちょうどいいけど、もう少し大人になったイサナには会ってみたいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

たつみや章

埼玉県生まれ、湘南育ち。’91年『ぼくの、稲荷山戦記』で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。『月神の統べる森』で’99年野間児童文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品