ぼくうまれるよ

たしろちさと

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784752003670
ISBN 10 : 4752003678
フォーマット
出版社
発行年月
2007年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
23cm,32p

内容詳細

ぼくは今、お母さんのお腹の中。今日はぼくが生まれる日。大丈夫かな。お母さんと一緒だから、大丈夫。水辺で出産し、授乳を水中で行うという、カバの育児法がよくわかる1冊。

【著者紹介】
たしろちさと : 東京都生まれ。大学で経済学を学んだ後、4年間の会社勤めを経て、絵本の制作を始める。神奈川県在住

増井光子 : よこはま動物園ズーラシア園長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    生まれたのはカバの赤ちゃん。カバの赤ちゃんは水の中で生まれます。お母さんのそばにいれば大丈夫。と思える絵本。

  • 鴨ミール さん

    初読みの作家さん。色がきれい。ただの平面に描いているのに、量感がすごい。圧倒的にかば!

  • いろ さん

    9歳BD絵本祭♪ カバ出産絵本。母(私)大好きカバv &たしろちさとさん絵本v なので,以前から読みたくて読みたくて。ようやく機を得られて感激。そして,読んでみると,獣医師の増井光子さん協力で後書きも! ちゃんと生態をゆがめることなく愛情深く描かれた素敵な絵本に仕上がっていた☆ 息子は,赤ちゃん誕生直前の場面だけが黒背景で赤い道に「どうしてだろう?」不思議がる。産道のイメージかな〜と母(私)から。赤ちゃんがおっぱいを探す場面にクスクス。カバママが足でかく姿はユーモラスだけど,これも愛情行動と知り感動。

  • 泰 さん

    カバの赤ちゃんの出産のお話。お母さんの包み込む優しさと、カバの赤ちゃんの可愛らしさ。いい絵本でした。

  • ひふみ さん

    カバの赤ちゃんが生まれてくる。おかあさんはやさしい。赤ちゃんはおかあさんが大好き。子供の希望で読んだら、「ママ〜」ってくっついて来た。子供との今しかない時間も大切にしようと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

たしろちさと

明治学院大学で経済学を学んだ後、4年間の会社勤めを経て絵本づくりをはじめる。『みんなの家』(福音館書店)で絵本作家としてデビュー。『ぼくはカメレオン』(グランまま社)は世界7か国語で同時発売となる。『ぼくうまれるよ』(アリス館)が第21回ブラティスラヴァ世界絵本原画展に入選。『5ひきのすてきなねずみ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品