若旦那・危機一髪! こゆるぎ探偵シリーズ 3 パレット文庫

たけうちりうと

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094211092
ISBN 10 : 4094211098
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
追加情報
:
206p;15

内容詳細

第一話。“本業”の剣道より詩を好む加納は、地元小田原の詩作会に出席、うさん臭げな若い詩人・荻原赤華に気に入られてしまう。生真面目で善人そのものの加納を案じたのは楓だ。調査では、赤華はかなり身持ちが悪いらしい。果たせるかな、加納が出奔してしまう。愛すべき友の運命は…!?第二話。楓が行方不明になってしまった。酒造会社の御曹司なので身代金目的の誘拐とも考えられたが、その手の脅しもない。笠生和尚からヒントを得、“最強のお手伝い”小由留木家のサトが突飛な作戦で動き出した…!登場人物の人間味が読む者の胸に響く、大好評の大正ロマン!第三弾。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • もりもり さん

    シリーズ全3巻。今市子先生のイラストと粋でいなせな若旦那集団の小気味のいいシリーズ。この世界、たまらないです!!!!

  • たべもも さん

    ★★★★★。登録漏れ。シリーズ3。肌色シーンは本当にすくないのでBL的にはアレですがとにかく面白い!最終話のお話の展開、お手伝いサトの活躍、捕らわれの身の楓の想い、…あぁ、また読もう。

  • lucinda さん

    小由留木家のお手伝い・サトの活躍ぶりが目立つ3巻。坊ちゃん救出のために、芸者に化けて気位の高い華族出の奥様と堂々対峙。その度胸、その状況判断の早さ、そして思いやりに、今すぐ傅いて弟子にしてほしくなるほどです。時代を考えると、サト、凛々しい明治女なのよね……。

  • 黎 さん

    主人公は小田原という土地。竹内さんの描くこの土壌には腐敗や悪がなく、障害があっても皆の未来の幸せを信じられる、明るさがよかった。3巻目になって各々の個性が際立って来た上に、それらが渾然となって一つの「小田原物語」とでもいうべき見事さ。終わってしまうのが悲しいぐらい。

  • わか さん

    たけうちさんらしい、今市子さんのイラストがぴったりな大正浪漫あふれるお話でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

たけうちりうと

11月9日生まれ。粗忽と悪戯を特技とし、降雪に庭駆け回り海辺を愛車で疾走する不良微中年です(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品