泥棒猫によろしく キャラ文庫

たけうちりうと

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784199003363
ISBN 10 : 4199003363
フォーマット
出版社
発行年月
2005年01月
日本
追加情報
:
15cm,221p

内容詳細

報酬は破格で、雇い主は有名デザイナー。なのに誰も長続きしないバイトって!?疑問を抱いて、バイト先に行った高校生の尚は茫然自失。部屋には塵一つなく、雇い主の二十六木は意地悪でそっけない。その上、バイト初日には男同士の激しいセックスを目撃するハメに!!慌てる尚を挑発するように、二十六木はキスしてくる。それ以来、二十六木は気まぐれに大人の誘いをかけてきて。

【著者紹介】
たけうちりうと : 11月9日生まれ。小田原出身・神奈川県西部在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りんご☆ さん

    読了

  • kinoko_kinako さん

    3.5

  • まるこ さん

    作家読み。この作品は知らなかったのでデジタル版配信を機に読みました。実に感情が分かりにくい二十六木(攻)!!でもたけうちさんの攻めキャラってこういう感じが多い気もする。なかなか尚との気持ちが伝わらないし、伝わった後もズレまくる2人の心が滑稽であり、じれったくもあり。途中前では正直ちょっと退屈だったのだけれど、それが過ぎたらググーンと面白くなりました。SMチックなエロさも味わえて楽しく読了です。デジタル版だったので挿絵が無かったのが残念。カバーイラストがカッコ良いので挿絵も見てみたかった。

  • メイ&まー さん

    会話の応酬がちんぷんかんぷんで受けも攻めも良く分かんないなあと思いながら読み、、終盤になってようやく「これコメディなのかな」と思い当たる始末。それにしたって、変人は好きだけど彼らはちょっと勘弁かな。特に攻め、彼は朝倉のことはどう思ってたのか。別れ話のくだりでは彼の方が未練たらたらなように映ったんだけども。・・・ぅうん理解の範疇を超えている。今後どのように二人の関係が変わっていくのか(主に、件の鎖や何かが本来の意図のように使われるようになるまで)・・・気になる。てか、誰かこの二人にツッコミ要員はおらんのか。

  • はるかかなた さん

    登録の為に再読。たけうちさんの空気を積み上げて心の動きを表す文章が好きです。しかしこのキャラクターは受け入れ難かった。尚が勝手にクライアントの戸棚を開けて探るのは明らかなルール違反だし、二十六木は人様のお家の大事な高校生男子に何してやがるのかと思ってしまう。犯罪だろこりゃ。まぁファンタジーだから別に問題ないんでしょうが、わたしはダメだった。残念。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

たけうちりうと

11月9日生まれ。粗忽と悪戯を特技とし、降雪に庭駆け回り海辺を愛車で疾走する不良微中年です(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品