冬の虫冬の自然

たかはしきよし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834008128
ISBN 10 : 4834008126
フォーマット
出版社
発行年月
1989年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
37p;32X23

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 匠 さん

    虫の鳴き声で夏や秋を感じることは多いけれど、鳥の鳴き声で季節を感じることもけっこうある。春のウグイスなんかもそうだが、思い起こすと案外渡り鳥とかもそう。でも冬って意外にわかりにくい。どんなものがいるのだろう?というのが興味の発端だった。土の中のセミの幼虫、カマキリの卵のう。冬の田んぼに実は、鳥達の食べ物がたくさんうずもれていること。そして渡り鳥を含む水鳥のそれぞれ。春になるまでの間のドラマがわかりやすく展開されていて、とても楽しく読めた。

  • のぶのぶ さん

    冬にも草の下、土の中、木の中で虫たちが冬をじっと越している。サナギで卵で春を待ちわびる。冬でもそういう生き物を探して鳥は餌を探している。なかなか見つけることは難しいが、見つける視点をいただいた本。見つけに出掛けてみようかな。

  • 香織 さん

    この本をじーっと見ていたら、本当に葉の下に虫がいるかどうか確かめたくなって荒川河川敷まで行ってきました。そう思わせる力が、たかはしさんの絵にはあるのですね・・・。すばらしいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品