よしこがもえた

たかとう匡子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784406055819
ISBN 10 : 4406055819
フォーマット
出版社
発行年月
2012年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p 25×22cm

内容詳細

1945年7月3日の夜、姫路空襲のさ中、6歳の姉の手からもぎとられて3歳のよしこは炎の中に消えていった。

【著者紹介】
たかとう匡子 : 1939年神戸市に生まれる。1961年から四十三年間、高校の国語教師として勤務。日本文藝家協会、日本ペンクラブ、日本現代詩人会会員。詩集『学校』(思潮社)で第8回小野十三郎賞受賞

たじまゆきひこ作 : 田島征彦。1940年大阪府堺市に生まれる。幼少年期を高知県の山村で暮らす。京都市立美術大学染色図案科卒業。型染技法で、版画・絵本を制作発表し続けている。『祇園祭』(童心社)でブラチスラバ世界絵本原画展金牌、『じごくのそうべえ』(童心社)で絵本にっぽん賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • >< さん

    初版2012年。戦争をテーマにした絵本。そのときの様子が描かれていますが、本当の現実は、ここに描ききれないほどの怖さやむごさがあったのだろうと思うと、言葉に表せない気持ちでいっぱいになります。戦争は絶対にしてはいけない。伝えていかなければいけないですね。

  • エッちゃん さん

    強烈なタイトルにひかれて手にした図書館本。作者、たかとう匡子さんの体験をもとに描かれた絵本です。おそろしい戦争があり、姫路空襲の中、目の前で妹のよっちゃんが「もえた」なんとむごいことに・・・匡子さんが1年生、よっちゃんが3歳だった。匡子さんをはじめ、心から消えることのない悲しみを、どれだけ多くの方が背負ってきたことか…平和な日が当たり前になってしまってる今、忘れてはいけないことですね。多くの犠牲があったことを・・・

  • どら母 学校図書館を考える さん

    勤務先で。

  • みく さん

    ちょうど映画「この世界の片隅で」を観た後に。暖かく喜ばしい場面と壮絶な原爆の場面の相違を激しく伝える絵で、戦争とは、と読み手に訴えてくる。

  • アキ さん

    作者のたかとう匡子(まさこ)さん自身の体験を描き、最後を「このころ世界中のたくさんのよしこが死にました」と、結ぶ絵本。このとき、世界中によしこがいたなら、同じ数だけ、よしこの姉のまさこのようにその手と小さな手をつないでいた兄妹姉妹両親祖父母たちが居たはず。離れた手の感触だけを頼りにそれからの人生を生きることになった人々が…。6歳の姉まさこの手からもぎとられて3歳のよしこが炎に包まれたのは、姫路空襲のさ中、1945年7月3日の夜のこと…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

たかとう匡子

1939年、神戸市に生まれる。1961年から2004年まで高校の国語教師。「イリプス」同人。「時刻表」編集発行。詩集に『学校』(小野十三郎賞)など。エッセイ集に『私の女性詩人ノート2』(日本詩人クラブ詩界賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品