岩宿遺跡のなぞ

たかしよいち

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784337126039
ISBN 10 : 4337126031
フォーマット
出版社
発行年月
1983年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
181p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • amana917 さん

    岩宿遺跡、関東ローム層、相沢忠洋と言えば、日本史を学んだ人なら一番始めに知ることば。 でも、それがどんなことなのか簡単にしか知らない。この本は、それを子ども向けに分かりやすく書いた相沢さんの伝記と、研究の説明になっていた。 旧石器は、火山が噴火したから人が住んでなかったと考えられて来たが、住んでいたと言うことを発見したことで、これまでの説が覆されたということ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

たかしよいち

1928年熊本県生まれ。児童文学作家。主な著作に『埋ずもれた日本』(日本児童文学者協会賞)、『竜のいる島』(サンケイ児童図書出版文化賞・国際アンデルセン賞優良作品)などがある

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品