クリスマスのおばけ せなけいこのえ・ほ・ん

せなけいこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591135976
ISBN 10 : 4591135977
フォーマット
出版社
発行年月
2013年10月
日本
追加情報
:
27p;21X21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    クリスマスに子供達はケーキやらプレゼントやらお遊戯会やらの楽しみがあるけど、おばけはどうだろう?という疑問から始まるお話。おばけが出てくる頃には、料理もケーキもなくて寒くて暗くて辛かろう、ということで、おばけのためにケーキと懐中電灯とセーターを置いておいてあげる女の子の心遣いが泣かせる。

  • 寺 さん

    とある少女と、せなけいこおなじみのおばけくんのクリスマス。【ネタバレ】クリスマスには少女の通う幼稚園も家庭の中もお祭り気分。クリスマスムード一色の一日。プレゼントや御馳走に満ち足りた少女が空想するおばけくんのクリスマスは気の毒。夜間、少女の家に忍び込み、御馳走やケーキが余っていないかと物色するおばけくん(悪いぞおばけくん)。だけども何も残っておらず涙ぐむおばけくんの為に、一片のケーキとあったか衣類&懐中電灯を用意する少女。ケーキと電灯を持ち、衣類を着て嬉しそうなおばけくんの姿が可愛い(^-^)。

  • 寺 さん

    再読。この時期だからやはり見てしまう。繰り返し語る事は無いのだが、せなけいこのおばけ君はやはり可愛い。おばけにもメリークリスマス。

  • 神城冥† さん

    おばけちゃんにも楽しいクリスマスを過ごしてほしいと考える、優しい女の子のお話。良かったね、おばけちゃん。

  • Naomi さん

    近くの図書館で目に留まったので借りてみた。楽しい、嬉しいクリスマスに、ちょっとこわいおばけのことを想う女の子。ママに頼んで作ってもらったプレゼントを身につけたおばけちゃんの姿、笑えた〜♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

せなけいこ

東京生まれ。武井武雄氏に師事。日本児童出版美術家連盟会員。『いやだいやだの絵本』(福音館書店)でサンケイ児童出版文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

せなけいこに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品