ばけねこになりたい せなけいこ・おばけえほん

せなけいこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784494001569
ISBN 10 : 4494001562
フォーマット
出版社
発行年月
2001年07月
日本
追加情報
:
22cm,1冊

内容詳細

昔、小さな猫がいた。ねずみにまでばかにされて、「くやしいなあ」と思っていたら、ばけ猫の話を知った。かわいいおばけの絵本。幼児向。

【著者紹介】
せなけいこ : 東京に生まれる。武井武雄氏に師事。児童出版美術家連盟会員。『いやだいやだの絵本』(福音館書店)によりサンケイ児童出版文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    犬にいじめられ、ネズミにもバカにされて悔しがっていたネコが、みんなが恐れる化け猫になりたいと、化け猫の勉強を始めるお話。しかし、化け猫になる方法を知っている仲間がいないので、とりあえず直接、化け猫に会おうと墓場に行ってみる。ところが、そこでは足を盗まれた幽霊が泣いていた。ネコは犯人を捕まえるのに協力し、そのお礼に幽霊から化け猫に口利きをしてもらう。化け猫の親分からもらった手紙を読んで、化け猫修行に励むネコだが…。ネタ元は「幽霊の留守は冥土に足ばかり」という江戸時代の川柳。あれ?結局化け猫関係なかったね…。

  • 山田太郎 さん

    娘はほんとうにせなけいこが好きです。というかおばけが好きなのかな。

  • みずたま さん

    化け猫になりたくて勉強する猫が健気で可愛い。最後の手紙が良いです。 幽霊に足がない理由が、ちょっと意外でした(笑)

  • 遠い日 さん

    化け猫になって自分をばかにする者を見返したいと思うチビ猫。幽霊を助けて、活躍できるくらいなんだから、そのままでも大丈夫のように思えるけれど、修行の道を行く。その努力たるや、健気でなんだかかわいい(?)。真剣そのものの手紙も、いい感じ。

  • Shoko さん

    図書館。読み聞かせ。せなけいこさんのおばけ絵本シリーズ。これまた可愛らしい。おばけ志望の猫。せなけいこさんの絵本、癒されます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

せなけいこ

瀬名恵子。東京生まれ。武井武雄氏に師事。1970年、「いやだいやだの絵本」でサンケイ児童文学賞受賞。児童出版美術家連盟会員。ほかに紙芝居、装丁、さしえなど幅広い分野で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品