とうふこぞう せなけいこ・おばけえほん

せなけいこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784494001552
ISBN 10 : 4494001554
フォーマット
出版社
発行年月
2000年06月
日本
追加情報
:
22cm,1冊

内容詳細

お寺のこぞうさんは、おつかいの途中でとうふこぞうに会った。あめふりこぞうに、ふでこぞうと、仲間を紹介されて……。幼児向。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • s-kozy さん

    帰省中の娘と本棚を振り返る。娘も息子もこの絵本はあまり好きではなかったようです。「妖怪は怖かった」だって。「ねないこだれだ」も怖かったそうです。たくさん読み聞かせしたのにね。

  • Zann さん

    ★★★★★読友さんに教えてもらったせなけいこさんの絵本。お薦めいただいた本がなかったので、せな作品からこちらを選んでみた。お寺の小僧が犬に困ってる豆腐小僧を助け、妖怪の小僧(子供)たちと仲良くなる。そこへ提灯小僧からご注進。『てんじく からやってきた こぞうが みせものしに つかまっている』!!皆で助けに行くが果たして…。あーーー、なるほどぉ。なんて可愛いオチ!!絵もかなり好み。他の作品も手に取ってみよう。

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️子供と一緒に読みました。

  • スケキヨ さん

    待合室にて。「とうふこぞう(豆腐小僧)」って何ぞや?と興味を持って手にしました。なるほど。そんな小僧がいたんですね。最後のオチ?に不覚にも笑いつつ突っ込みを入れてしまった。「そっちかい!」と。

  • たまきら さん

    おたまさんが大好きな妖怪・豆腐小僧。ひとりでじっくりよんでいておかしかった。「読もうか?」ときいたら「もう一人で読んだから」…感動したような、なんだか寂しいような。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

せなけいこ

瀬名恵子。東京生まれ。武井武雄氏に師事。1970年、「いやだいやだの絵本」でサンケイ児童文学賞受賞。児童出版美術家連盟会員。ほかに紙芝居、装丁、さしえなど幅広い分野で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品