「帝国」の文学 戦争と「大逆」の間 以文叢書

すが秀実

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784753102167
ISBN 10 : 4753102165
フォーマット
出版社
発行年月
2001年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,360p

内容詳細

藤村、花袋、荷風、鴎外、漱石から中上健次に見る、天皇制の文学的側面。日露戦争で高揚したナショナリズムと、それによって析出された〈個〉=市民意識のダイナミズムを、日本自然主義と「大逆事件のあいだに読む。

【著者紹介】
〓@5FA3@秀実 : 1949年生まれ。学習院大学中退。文芸評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • zumi さん

    とりわけ面白いのが「表象=支配」の問題。文学だけでなく、現実の人間ですら表象に取り込まれてしまう。そこに発生するのは「父殺し」のような上下関係に「力」でもって挑む構図。いかにして、この上下関係の構図から脱出するか、というのが要。「男ー女」「聖ー殲」「真理ー非真理」などに共通する、この構図は壊してしまっては、また新たな対立を生むだけ。ならば、手段はただ「逃走」のみ。エピローグの『地の果て 至上の時』に関する「大逆の挫折」には思わず唸らされた。『不敬文学論序説』『カフカ マイナー文学のために』との併読が吉。

  • Διόνυσος さん

    何度目か。というか、未だに絓秀実が設定した地平に誰一人として答えようとしていないのではないか、ともやもやする笑 これと前作の『日本近代文学の<誕生>』から文学史的な叙述スタイルに変わっていることは、どちらも「国民作家」である漱石へのラディカルな批判で締めくくられていることは偶然ではない。

  • Διόνυσος さん

    再読。自然主義と「大逆事件」を、藤村、花袋がぶつかった「もの」(=「部落民」「女」)から亡霊的な回帰を果たす「父(王)殺し」とアナロジーとして論じている。つまり、自然主義のリミットとしての「大逆事件」であるのだが、最終的に「国民作家」たる漱石が『道草』において「不死の王として美学的に表象する」こと(=「則天去私」)として閉じられる。最終章において、そのような「天皇(制)的同一性」を「違う」と言った秋幸に「『帝国』の文学への批判」を見る。が、本当に追うべきは幸徳「秋水」ではなく、管野スガである、と。

  • トックン さん

    日露戦争を分水嶺に「帝国」時代〜1920年代の私小説ブームまでの再検討。主に自然主義界隈の藤村『破戒』から花袋「蒲団」へとヘゲモニーが移る模様を「大逆」事件に見出す。「蒲団」を横山芳子=管野すが子、田中秀夫=幸徳秋水と読み込み、竹中時雄=花袋が管野の蒲団=墓にフェティッシュに額づく話とする。蒲団は非政治的であるが故に政治的に読まれ、前期自然主義(青果や風葉)≒父の殺害を企図するも漱石に至って二つの身体を持つ父的「体制」の継続に自覚的になる。それを突破すべく秋幸(秋水のアナグラム?)もの(中上健次)を召喚。

  • さとうち さん

    「詩」と「散文」をめぐる問題やフォルマリズムな分析が目立たなくなり、ジジェク的な枠組みばかりが前景化している印象。難解な割に(?)残る物が少ないのはちゃんと理解できていないからか...。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品