瀕死のエッセイスト

しりあがり寿

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048527705
ISBN 10 : 4048527703
フォーマット
出版社
発行年月
1996年12月
日本
追加情報
:
186p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 尾原道場 さん

    しりあがりさんの世界観好きです。

  • wang さん

    水墨画のような漫画。死を目前にしたエッセイストの日常や屍体が過ごす?日常など。人間は死に直面したときになぜか生を強く感じるようだ。今まさに死のうとしている主人公、あるいはすでに死んでしまった屍体だからこそ感じる?小さな幸せや人生の本当の意味などがじわじわと押し寄せる。しりあがり寿さんが勲章をもらうだなんて想像したこともなかったが、ノーベル文学賞ってこの作品のためにあるんじゃないのかと思ったことはある。臨終の時かける曲を選定したりその時の枕元の席順を決める話は切なすぎる。だがそれが人生。メメント・モリ!

  • おこめ さん

    すごい好き。あの世とは、各人が思い描く理想であって、この世の人生とはそれを見つけるためにあるのでは。そう言われてみればそうかも。いいねぇ。

  • 久米田Q さん

    こんなにも様々な死の切り取り方があるとは。

  • 絵具巻 さん

    文京区立真砂図書館で借りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

しりあがり寿に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品