真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 5 角川スニーカー文庫

ざっぽん

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041082584
ISBN 10 : 4041082587
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
やすも ,  
追加情報
:
318p;15

内容詳細

 賢者アレスの強襲を退けたレッドは、最愛の妹ルーティ、そしてその親友であるティセと共に幸せな日常を過ごしていた。 
闘いの果てに生涯の愛を誓い合ったリットへ最高の宝石を贈ろうと決意したレッドは “世界の果ての壁” に向かったのだが、その旅の道中でかつての仲間と再会して!?
「ねぇ、私とあなたが恋人になった可能性――あったと思う?」
 美しきハイエルフや仲間達との宝石を巡る冒険の旅。そして愛する人と絶景を眺めながらの美味しい食事、ゆったり温泉へと浸かる至福のひとときがここに。
完全書き下ろしで綴られる超人気スローライフ・ファンタジー、待望の新章開幕!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たけ さん

    ★★★★☆ リットへの指輪をプレンゼントするため、宝石集めの旅に出るレッド一行が、かつての仲間であるハイエルフのヤランドララに再会するお話。長年、加護の力に苦しめらていたルーティーが幸せそうでほっこり。リットとレッドは相変わらずのバカップルぶりで、こっちまでドキドキしちゃった笑。この作品が、そんな幸せなスローライフだけを描くわけもなく、今巻も強敵が登場!でもシリアスというわけではなく、みんなの力を合わせて倒すという絆を描いた話だったので安心...してたんだけど、エピローグを読む限り次巻はシリアスかなぁ泣。

  • よっち さん

    賢者アレスの強襲を退け平穏な日々を取り戻したレッド。リットへ最高の宝石を贈ろうと決意したレッドは「世界の果ての壁」に向かい、道中で意外な仲間と再会する第五弾。レッドを気にかけ探していた、かつての仲間でハイエルフのヤランドララ。彼女と合流して向かった宝石を巡る冒険は美味しい食事や温泉といったのんびりな出来事だけでなく、望むものをえるための難しい戦いもありましたけど、その過程で今のレッドが得た幸せをヤランドララも感じてくれましたかね。気ままで幸せなスローライフ、気になるところも出てきましたが続巻が楽しみです。

  • まっさん さん

    ★★★☆☆ 前巻がかなりバタバタした話だったので今巻はいわゆる箸休め的な話。加護の衝動から解放されたルーティの可愛さが留まることを知らないことに!リットとバトらないか心配していたがまさかの着地のさせ方で思わず笑ってしまった。ただ、ヤランドララの立ち位置がよく分からないままだったので次巻以降その辺りがどうなっていくのか見ものだな〜

  • まるぼろ さん

    さて今巻はかつてのパーティメンバーだったハイエルフのヤランドララが登場する巻、ある目的記を持って「世界の果ての壁」に宝石を求めて旅に出たレッド達に再会すべくヤランドララも追うが…と言うお話です。今巻は純粋にレッド達が冒険者しているお話で読んでいて楽しかったです。ヤランドララもティセと対決していた辺りでは精神的に危なっかしい感じがしましたが、レッドやリットにルーティ達と再開してからは如何にもエルフらしいキャラで→

  • 真白優樹 さん

    平穏を取り戻しリットに贈る宝石を探す為世界の果てへ向かう中、かつての仲間であるヤランドララと再会する今巻。―――今度は自分の為、そして愛する彼女の為に最果てへ。世界の為じゃなく自分と恋人の為、レッドが旅する中でかつての仲間と再会する今巻。 平穏な日々は始まれど真の平穏は未だ遠く、だけどそれでも今は仲間と共に。新章開幕により各々がそれぞれの道を進みだす中、レッドとリットの絆が更に深まる温かさが更に深まり充実する巻である。いちゃいちゃも更に深化し愛が深まる中、裏で蠢く闇の行方とは。 次巻も須らく期待である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ざっぽん

『100年後に魔術書として転生したけど現代魔術師は弱すぎる』がデビュー作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ざっぽんに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品