ぼうけんでんしゃぐるるーん

さのてつじ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784033314501
ISBN 10 : 4033314504
フォーマット
出版社
発行年月
2006年09月
日本
追加情報
:
22×28cm,38p

内容詳細

一見したところ、見た目もスピードも何の変哲もないごく普通の電車。しかし、ふと気づくと、電車が線路を昇り始め…。乗客の様子や外の景色などを、少年の視点から詳しく描いた絵本。電車と電車少年のクラフト付き。

【著者紹介】
さのてつじ : 1964年、静岡生まれ。東京造形大学造形学部デザイン科卒業。イラスト、ペーパークラフト等で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 円舞曲 さん

    本当に冒険電車でした。楽しいいね〜。

  • 遠い日 さん

    漫画のようなコマ割りで、スピーディーに進む展開が電車の速さを感じさせる。景色を表すのにオノマトペをたくさん盛り込んで、そのリズムも楽しい。そして、クライマックスの大胆な冒険はスリル満点。

  • こうちゃん さん

    寝る前に読んでやったら、ウトウトしてたのにくらいついてきました。やっぱり乗り物系が一番好きみたい。かなりハードなでんしゃだけど、帰りもこれに乗るの?

  • ありんこ文庫(宮古島) さん

    文庫に来た2歳くんのお気に入り。電車が大好きなんだよね。この絵本に入り込んでしまったかのようにとっても楽しむ。読むこちらも気分よい(^^)作品の力ですね〜

  • ありんこ文庫(宮古島) さん

    「宮古島の子どもたち100人好きな本教えてくださいアンケート」で推薦のあった作品です。おそらく、私は手に取らないタイプの表紙なのだけど(スミマセン)、教えてくれた子に感謝。とっても面白い。感動すら覚えます。ただ電車に乗るだけなのに、五感に入ってくるすべてがキラキラとして、「ぼうけんでんしゃ」の意味が分かりました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

さのてつじ

1964年、静岡生まれ。東京造形大学造形学部デザイン科卒業。イラスト、ペーパークラフト等で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品