江戸前の旬 銀座柳寿司三代目 35 NICHIBUN COMICS

さとう輝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784537105476
ISBN 10 : 453710547X
フォーマット
出版社
発行年月
2006年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Keisuke Watanabe さん

    京菓子の世界には「一生一品」という言葉がある。菓子職人は自分が真に納得のいく出来栄えの菓子を一生のうちでわずか一品しか作れないという。そんな菓子の難しさと奥深さを表した言葉。冷凍マグロと違い生マグロの場合は漁獲後船上に上げる時の置き方で上身と下身が決まり市場の競り場に並べる際も上身と下身を逆に置くことは原則的にしない。下身は魚体の重みがかかるために身崩れが起きやすく上身より若干安値で取引されている。

  • シーナ@食べ物漫画好き さん

    35冊目 二人は項羽と劉邦。一回戦は見立て寿司対決でヒヨコ‼ ●黄身おぼろを金団風にした旬VS○黄身返し玉子に雲丹黄身酢で味付けした大吾。黄身返し玉子の解説が少々濁してるなぁ。冷凍鮪の解凍。二回戦はチュウボウのヅケ対決‼ 急速冷凍した旬と西京味噌漬けにした大吾でドロー。

  • クリボー2 さん

    詩織がかなりかわいく描かれていて、俺に良し

  • 柴崎章翔 さん

    「この「一生一品」という言葉は寿司の世界にも通じる言葉だ…!!」 「大吾さんと旬さんがこの銀座で寿司職人の息子として生まれ落ちたのは 偶然ではなく神様に与えられた運命だったのかも…」 「俺の寿司とは違うがいい寿司だ…」 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品