とりかえっこ CDつき えいごでよむ名作えほん

さとうわきこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591096369
ISBN 10 : 459109636X
フォーマット
出版社
発行年月
2007年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
23×25cm,35p

内容詳細

遊びに出かけたひよこは、ねずみさんやぶたさん、かえるさんなど、出会った動物たちと次々に鳴き声のとりかえっこをする。帰ってきたひよこの声に、お母さんはびっくり。人気のロングセラー絵本が英語で楽しめる。

【著者紹介】
さとうわきこ : 東京に生まれる。日本児童出版美術家連盟会員。日本児童文学者協会会員。『とりかえっこ』(ポプラ社)で、第1回絵本にっぽん賞受賞。長野県の岡谷市と八ケ岳にて「小さな絵本美術館」を主宰

二俣英五郎 : 北海道小樽市に生まれる。日本美術会、リアリズム作家の会同人。『とりかえっこ』(ポプラ社)で、第1回絵本にっぽん賞受賞

ケイト・クリッペンスティーン : 1963年、アメリカ・サンフランシスコに生まれる。サンフランシスコ州立大学で映画史と日本語を学ぶ。現在、ジャーナリストとして活躍。NHKの英語番組のアドバイザーをつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みっくす さん

    図書館にて。気になっていましたが、たまたま図書館で目に付いた英語バージョンを読んでみました。なんてかわいいお話なんだろう。いろんな生き物の鳴き声も勉強になりました。

  • ほーすけ さん

    なるほど〜英語にするとこうなるんですね。「とりかえっこ」の説明が長いのは小さい子に読むために、そうしてるのかなと思います。CDは朗読の声が上手で(当たり前ですが)、ひよこの声が可愛い♪ぶたになっても犬になってもひよこなんです(^-^)この鳴き声がこの英語?と思いましたが、聞いてみると、確かに…動物の鳴き声にピッタリ!不思議ですね。最後のカメが一番気になってたんですが…同じなんだあ(*'▽')

  • しろくま さん

    声をとりかえっこするなんて、面白いですね。様々な動物の鳴き声が出てくるので子どもが喜びそうです。英語でも日本語でも楽しめてよいですね。

  • どら母 さん

    記入漏れ

  • みずたま さん

    (図書館)英語と日本語でかいてあるので楽しいです。ひよこ、ねずみ、ぶたさん、かえる、いぬ、ねこ、亀さん。 同じ生き物でも日本と外国、鳴き声が違うのが新鮮で面白い。以前アメリカの一般家庭でホームステイをした時。ステイ先の子供達がよく、動物の鳴き声を真似して遊んでいました。それは、私が生まれた時から聞いていた馴染みのある音声では全くなく、衝撃をうけたのを覚えています(笑)国が違えば動物に限らず全ての"音" の "発音"が変わりますもんね。これは動物達が鳴き声をとりかえっこするお話ですが、CD付で楽しいと思う♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

さとうわきこ

東京に生まれる。児童出版美術家連盟所属。絵本『とりかえっこ』(ポプラ社)で第1回絵本にっぽん賞受賞。現在は長野県の岡谷市と八ヶ岳で「小さな絵本美術館」を主宰しながら、絵本の創作に従事している。長野県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品