ぼくの・ミステリーなぼく カラフル文庫

さとうまきこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784902314533
ISBN 10 : 4902314533
フォーマット
出版社
発行年月
2004年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,149p

内容詳細

直也は、私立中学受験をひかえた小学6年生。進学塾へ通い、猛勉強の日々を送っていた。ところが、突然もうひとりの直也がゲームセンターに現れ…。大好評「ミステリー・シリーズ」第3弾。

【著者紹介】
さとうまきこ : 1947年東京生まれ。「絵にかくとへんな家」で日本児童文学者協会新人賞、82年「ハッピーバースデー」で野間児童文芸推奨作品賞を受賞

伊藤良子 : スタジオぴえろ勤務の後、児童書や学習雑誌の漫画・イラストを描いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こっぺ さん

    「ぼくの・ミステリーなあいつ」まであと一作です。なのに、一足早くモロ君に再会できました〜〜〜!!!まぁ、今作の出場は少なめですが。主人公直也は勉強勉強で有名中学への受験を控えた6年生。そんな時「もう一人のぼく」が友達とゲーセンで遊んだりサッカーしたり。。。な、ファンタジックな内容。勉強するのって悪くないと思うけど、このラストになったのは、両親との関係も改善されてよかったと思う。親とのコミュニケーションがなかったものね。

  • らび さん

    あー、なんか、すごく色々わかって青くて懐かしい気持ちになった。ストーリーは、鬱屈した少年の心が自由な自分を作ってしまった、になるのかな。塾でガリ勉しつつも思うように成績が上がらない焦りや、他者と自分を区別したり羨んだりの心情が実に上手かった。読後はなかなかに気分良く、家族とも上手くいって良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

さとうまきこ

1947年、東京に生まれる。上智大学仏文科中退。1973年、ベトナム戦争の脱走兵と少女の交流を描いた『絵にかくとへんな家』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。1982年、『ハッピーバースデー』で野間児童文芸推奨作品賞を受賞。2005年『4つの初めての物語』で日本児童文学者協会賞を受賞(本データはこの書

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品