経済学なんて教科書だけでわかるか!ボケ!!…でも本当は知りたいかも。

さくら剛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478106532
ISBN 10 : 4478106533
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
272p;19

内容詳細

ドラクエの世界で景気対策をやったらどうなる?金本位制ならぬ、モーニング娘。本位制とは!?デフレ・GDP・金融緩和…バカバカしい例え話で、「お金」や「経済」が面白くなる。

目次 : 序章―まずは「サッカーもアイドルも経済も、すべてのジャンルはマニアが潰す!」という雑談。/ 「効用の最大化」と機会費用―「セクシーDVD鑑賞時の機会費用」を合理的に考えてみる。/ 限界効用逓減の法則―30年以上続く名作マンガ『ドラゴンボール』は、限界効用逓減の法則をどのように乗り越えたのか?/ 「お金」の働き―モーニング娘。さんを囲むヲタ活(オタク活動)から、「通貨の3つの働き」を学びましょう。/ 物価―インドのぼったくりタクシーにも「神の見えざる手」は適用されるのか?/ 独占とはなにか―男女の婚活市場においても、「独占」は非常に害悪な行為です。/ 社会主義経済―マルクスさん…毛さん金さんレーニンさん…、おまんら、国民の身勝手さをナメたらいかんぜよ!!/ 銀行と信用創造―銀行のお仕事について、民泊と殺人事件を引き合いに出しつつお話しします。/ 日本銀行の役割―偽札を使ってみた経験を赤裸々に書きますけど、絶対誰にも言わないでね!!/ 株と社債―「株式の仕組み」が難しいと思ったら、「宝くじの仕組み」に置き換えてみればいいのです。〔ほか〕

【著者紹介】
さくら剛 : 1976年静岡県浜松市生まれの作家。デビュー作の『インドなんて二度と行くか!ボケ!!…でもまた行きたいかも』(アルファポリス)がいきなり10万部を超えるベストセラーになる。科学の世界を解説した『感じる科学』(サンクチュアリ出版)は、理研創立100周年を記念した「科学道100冊」に選ばれるなど高い評価を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Minamihama さん

    良書。前に読んだ「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」を5点だとすると、この本には8点をあげたい。巻末の「GDP問題」の部分を読むと、著者の誠実さが良く伝わってくる。

  • お茶子 さん

    わかりやすく書いてあるのでお金の流れがわかって面白かった。ただわかりやすさのための口語体やギャグが結構くどく感じた。。私が一番好きなのは『投資のすすめ』例えが良かった。結局楽して儲かる方法はないからやるにしてもめちゃ勉強するか、儲からなくてもいいから向いてること、好きなことをコツコツやるか。景気は気持ち。時には実質より名目。ビジネス書の時間節約にタクシーの件も共感。車所有やめて適宜タクシー使用はわかるけど、読書の時間つくるためにタクシー通勤ってどんな金持ちだ!

  • 湯一郎(ゆいちろ) さん

    アイドルを使った例え話が多めで、余談も多いけど、重要なキーワードはなんとなく頭に残る。金融緩和、財政出動、損失回避性、保有効果などなど。この他何冊か別の経済本も読んでみたい。

  • G さん

    最近お気に入りのさくら剛さん最新作.一昔前の侍魂系ブログ的ノリの文体で好き嫌いが分かれるかもだけど,中高生でも理解できる分かり易さはさすが.入門書の入門書って位置付けではあるが,お金・物価・日本銀行・株・インフレ/デフレ他,経済学の基本であろう事柄について一通り説明されている.2017年ノーベル賞で注目された行動経済学にも触れている.特に,左右に偏っていないアベノミクスに対する記述や,他の人の書評でも評価されている投資への警鐘に関する章は興味深かった.池D信O先生に罵られようと,読む価値はあるかと!

  • 小川春子 さん

    「おもろいな!経済!」と気付かせてくれる本。「さくら通信」でのさくらさんの語り口調を知っている人なら普通に楽しく読めるのではとおもいます。知らないとちょっと気持ち悪く感じてしまうかもしれませんが別に気持ち悪い人じゃあありませんので「経済ってなんのこっちゃわけわからんけど自分とは関係の無いことだとは思えないから知りたいんだけどやっぱりなんのこっちゃわけわからんのよねー」という方におすすめです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品