ちびしかくちゃん 2 りぼんマスコットコミックス

さくらももこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088675299
ISBN 10 : 4088675290
フォーマット
出版社
発売日
2018年12月25日
日本
追加情報
:
80p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 青蓮 さん

    さくらももこの遺作となりましたね。相変わらずブラック。薄いですが、内容は濃いです。今回はしか子も中々ダーク!

  • ぐうぐう さん

    手塚治虫はある時期、『鉄腕アトム』を憎んでいたことがある。アトムの(特にアニメ版が定着させてしまった)勧善懲悪のヒーローという世間のイメージに、手塚自身が苦しんだのが原因だ。アトムはもっと複雑なキャラなのだとの手塚の訴えは、のちの「青騎士の巻」や、さらに「アトムの最後」といったエピソードに歪な形として表現されることになる。では、さくらももこにおける『ちびしかくちゃん』は、本家『ちびまる子ちゃん』を憎んだ結果、生まれたのだろうか。それは違う。憎しみからではなく、逆に愛しているがゆえの産物だ。(つづく)

  • のん さん

    娘の購入本。さくらももこによるセルフパロディ。1巻に続き、だまちゃん(たまちゃん)や他のお友達が自由すぎる。まだまだ続いたであろう「ちびしかくちゃん」遺作となり残念です。背表紙のしか子が可愛い。やっぱり私は「ちびまる子ちゃん」の世界観が好みです。

  • Kana さん

    相変わらずだまちゃんが酷くてびっくりする。怒っているところはちびまる子ちゃんのたまちゃんとかなりかけ離れていて。今回も夢中で読んでしまった。しか子は可愛い。でも名字がざくろとは(笑)。

  • どあら さん

    妹から借りて読了。だまちゃんや他のキャラクターの悪の強さにやられました〜(^_^;)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

さくらももこ

まんが家、エッセイスト。1965年5月8日、静岡県清水区(旧:清水市)生まれ。1984年『教えてやるんだありがたく思え!』(りぼんオリジナル冬の号)でまんが家デビュー。1986年より「りぼん」にて『ちびまる子ちゃん』のれんさいをスタート、1990年テレビアニメ放送開始。現在まで続く国民的大ヒットアニ

プロフィール詳細へ

さくらももこに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品