おんぶにだっこ 集英社文庫

さくらももこ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087458770
ISBN 10 : 4087458776
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
253p;16

内容詳細

二歳になっても「あんた、いつまで飲む気だね」と言われながらも乳離れしようとせず、ニシキヘビに興奮し家にあったマムシ酒のヘビにうっとり。星が欲しくてしょうがなかった四歳は、その後あの「たまちゃん」と小学一年生の時に運命的に出会う―。人一倍ナイーブで、なぜかいつも悩んでいた幼年期。「まる子」以前のピュアな気持ちを初めて書き綴った、さくらももこの原点となる自伝エッセイ。

目次 : おっぱいをやめた日/ 指を切った時の思い出/ ひらがなの練習/ 乳母車から見た景色/ お嫁にいった育ちゃん/ 町のふしぎ/ もらった人形/ 心の声/ 大規模な心配/ 盗んだビーズ/ ヘビの思い出/ フラダンスへの想い/ 窓のおばあちゃん/ 大失敗/ 古い顕微鏡/ 雲の中に入った思い出/ 家の改装/ 小さいツルの思い出/ セキセイインコが逃げた/ ジュウシマツ屋開店の夢/ 折りヅルの世界展を見に行く/ たまちゃんとの出会い/ 上松君のランドセル/ 松永君をぶった

【著者紹介】
さくらももこ : 1965年5月8日静岡県生まれ。86年「りぼん」で「ちびまる子ちゃん」連載開始。89年同作品で第13回講談社漫画賞受賞。90年作詞をした「おどるポンポコリン」が日本レコード大賞ポップス・ロック部門受賞。『さるのこしかけ』(92年)で第27回新風賞受賞。『スヌーピーブックス』シリーズでは翻訳を手がけるなど幅広く活躍した。2018年8月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 真香 さん

    さくらももこさんの幼年期のエッセイ。ナイーブな性格がよく分かるエピソードが多く、他のエッセイと比べると笑いの要素はちょっぴり控えめ。でも、この感受性の強さや鋭い洞察力を持っていたからこそ作家という職業に就けたのだろうし、きっと天職だったのでしょうね。私自身も敏感でよく泣いている子供だったので、何だか昔の自分を見ているようで親しみが湧いた。それにしても、2歳の頃の記憶が残っているのはすごすぎる!

  • 馨 さん

    さくらさんの幼少期のエッセイ。エピソードの内容はもとよりヒロシやスミレとの会話の記憶力に感心します。幼少期は消極的で、やらかしてしまったことを打ち明けることが苦手だったようで、私も似たような子供だったので共感しました。また、色んなこと(地球や太陽、宇宙、死、心等)に思い悩んでいたそうで、子供時代のそんな哲学的な物思いが大人になる境目の糧であり人格形成に繋がっているとか。何気ない思考もそう捉えらとかけがえのないものだと思いました。

  • bura さん

    さくらももこのエッセイを久々に読む。今回のエッセイは何と2歳の記憶から小1までの話!おっぱいをやめた日、心の声、大規模な心配、たまちゃんとの出会い、上松君のランドセル等々…。この人の記憶力とその時に感じた思いのスゴさにいつもながら敬服する。彼女の最古の記憶がかなり哲学的で全ての作品の根源になっている感があった。 *作者の独特の感性が好きで「富士山」も全巻楽しみました。

  • ❁Lei❁ さん

    ナツイチ本。著者の幼年期を綴ったエッセイ。驚くことに二歳半の記憶から始まります。低い視点から見た景色、ふと犯した小さな罪、はじめて触れる生き物の死。誰にでも思い当たることはあるのではないでしょうか。生まれて間もないからこそ、純粋で残酷、人間の本質を体現するような子ども。そんな時期が自分にもあったなあとノスタルジックな気持ちになりながら、ときにちくりとした痛みを感じながら読みました。

  • マドリン さん

    いつかどこかで読んだような内容だった。 幼い頃の懺悔話が多い。それにしてもよく覚えてるな〜。私は2、3才の頃の記憶なんて楽しかったことしか覚えてないのに。すごい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

さくらももこ

まんが家、エッセイスト。1965年5月8日、静岡県清水区(旧:清水市)生まれ。1984年『教えてやるんだありがたく思え!』(りぼんオリジナル冬の号)でまんが家デビュー。1986年より「りぼん」にて『ちびまる子ちゃん』のれんさいをスタート、1990年テレビアニメ放送開始。現在まで続く国民的大ヒットアニ

プロフィール詳細へ

さくらももこに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品