ちいさなおひっこし

こみねゆら

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784033314600
ISBN 10 : 4033314601
フォーマット
出版社
発行年月
2006年10月
日本
追加情報
:
21×26cm,31p

内容詳細

小さいけれど、素敵な黄色い家に住む4人と1匹の家族。ある日、4人はなんだか急に背が伸びたように感じていた…。ファンタジックな出来事を、繊細な絵で奏でる不思議なお話。

【著者紹介】
こみねゆら : 熊本県に生まれる。東京芸術大学絵画科、同大学院卒業。フランスに留学して絵本、人形の仕事を始め、帰国後、フランスと日本の絵本や挿し絵の仕事を手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • misa* さん

    娘(7歳)と一緒に読み聞かせ。表紙も可愛らしくてファンタジーっぽいのかと思ったら、まさかのホラー感!!どんどん不気味にお家が小さくなってく…。でも最後には一体誰がお手紙くれたのか気になるところ。

  • 円舞曲 さん

    不思議な魅力のある本でした。謎は謎のままで・・・

  • 紅花 さん

    だんだん家が小さくなっていくなんて、これは絶対子どもが好きなsituationだわ。(大人にとってはかなり不幸だけど)。その生活をむしろ楽しんでいるかのような一家。最後の小さくなった家の主はだれなんだろう?

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    だんだん住んでいる家が小さくなっていくとしたら、こんなに不気味なことはないですね。 こみねさんが淡々と描いているからか、薄く淡い絵で表現しているからか、怖さを感じたのは、人形の家のように小さくなった家に誰かが移り住んで来てからでした。 小さくなっていく家と、そんなところに引っ越してきた隣人と、新しく家を建て直した家族ですが、この先大丈夫なのでしょうか。

  • 泰 さん

    可愛らしい絵にファンタジーかと思って読み進めていたら、ホラーでした。最後まで真相がわからない怖さがあり、想像力をかきたてられます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

こみねゆら

熊本県生まれ。東京芸術大学絵画科、同大学大学院で油絵を学ぶ。1985年に渡仏、パリボザールに通う。1992年、初めての絵本『Les deux Soeurs』を出版。1994年に帰国後、絵本作家、イラストレーター、人形作家として活躍。『さくら子のたんじょう日』(童心社)で第10回、『ともだちできたよ』

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品