この商品の関連特集

りゅうおうのおしごと! 9 ヤングガンガンコミックス

こげたおこげ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784757560062
ISBN 10 : 4757560060
フォーマット
発売日
2019年02月13日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    これまででも特にオリジナル要素の強い巻。雛鶴あいと祭神雷の対局はアレンジが効いて、原作とは別の面白さが出ていた。後半のデスゲームはちょっと悪ノリな気がするけど、たまにはこういうのも楽しくはある。しょっちゅうこの手の趣向やられると困るが。

  • わたー さん

    ★★★★☆雷の煌めくような才能に目が眩み、ただ相手を負かすことだけに執着したあいが、自分の弱さと向き合い、本当の強さを学ぶ物語…だった…少なくとも前半までは。後半のマンガオリジナル展開が酷い(褒め言葉)。クズはやはり頓死すべし。

  • 緋莢 さん

    祭神雷に関わり、闇”にのまれたあい。強さ”という言葉に囚われたあいに、八一は「強さの正解はひとつじゃないんだ」と伝えます。才能だけが強さ”じゃないと気づけたあい。これは八一は勿論、姉弟子や桂香さんらの存在も大きく、そこが雷との差でもあったのかな〜と思いました。雷は、抜群の才能を持ちながらも人に恵まれなかったというのは不幸だったな、と。後半の八一を巡る謎のゲームに関しては、悪くは無かったものの 違和感の方が強かったです(続く

  • 天涯 さん

    うーん、原作のままの方が面白かったか。雷を少し掘り下げているがイマイチ。後半の誕生日会に関しては意味が分からない。次の名人との防衛戦は普通にやって欲しいが、オリジナルの話が増えていくとの事で思案中。

  • leo18 さん

    オリジナル展開で成長を見せたいってのは分かるけど、せめて世界観に沿って欲しかった。さすがに浮きすぎだろうこれは。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品