彼に本気で愛されるための24の処方箋 ぐっどうぃる博士の恋愛相談室

ぐっどうぃる博士

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784771108653
ISBN 10 : 477110865X
フォーマット
出版社
発行年月
2008年03月
日本
追加情報
:
19cm,231p

内容詳細

気になる彼を落とすための距離感とは、結婚に消極的な彼をその気にさせるには…。アクセス数月間370万PV、カリスマ恋愛カウンセラーによる恋愛相談ライブで、恋愛の極意があなたのものに。

【著者紹介】
ぐっどうぃる博士 : 愛知県生まれ。男性。2000年に生命科学の分野で理学博士号を取得。2004年9月より始めた「ぐっどうぃる博士の恋愛相談室」ブログで恋に悩む女性の人気を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Eri さん

    あなたのことが好きだけど不信感がある、あなたか誠実さを見せてくれるまでは安心して付き合えない、本当はあなたを信じて誠実に振舞いたいのだけれど自然とそうなってしまう、彼が誠実さを見せるまでは親しい友人に戻るというスタンスをとる

  • Eri さん

    人を本当に愛するにはその人の良い所と悪い所の両方を愛する必要がある、愛されているのが当たり前になると、彼を自分の思うように変えたくなる、要求に応える男性は努力しながらも居心地の悪さを常に感じている、男性はそのままの自分を受け入れてほしい、男性を選ぶとき優しさと誠実は最低限の条件、好きな相手のために自分をどれだけ犠牲にできるか、追い込まれた時どれだけ相手を思いやれるかが男性の価値、恋人がもっとかまってほしいと彼を悩ませるとその恋人を切ることはよくある、男性をそのままに受け入れる能力が魅力

  • す〜らいむ さん

    テクを否定するつもりはありませんが、私には無理。素直に好き負けした方がいいな。

  • Eri さん

    ステータスのある男性に対しては彼のステータスだけでなく人物に興味があるというスタンスでいること、一度別れ話をすると何かあるたびに彼の頭の中に別れるという選択肢が自然に浮かぶようになる、安易に別れ話をすることは勧めない、良い関係を維持させるためには相手には相手のペースや生活があることを認めるべきである、たかだか数ヶ月の出来事にストレスをためず恋愛を一年単位で考える、来年彼のテンションが上がるように今は放っておいてあげる、相手が殻にこもっている時はこちらからコンタクトせず温かく見守っていれば良い、長いスパンで

  • アキコ さん

    相変わらずタイトルがキャッチーですが、内容は様々な恋愛の事例が書かれています。おそらく恋愛の悩みの多くは当てはまると思います。今までは女性視点でぐっどうぃる博士の本を読んでいましたが、男性目線で読むのも面白いかもと感じました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ぐっどうぃる博士

理学博士(生命科学)。恋愛カウンセラーとして活躍。サイト『恋愛ユニバーシティ』主宰。WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品