EH P´A!ポルトガル ダンナと息子と私のラテンなサッカーの日々

くりかおり

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784434012594
ISBN 10 : 4434012592
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
追加情報
:
235p;20

内容詳細

夫の転勤でポルトガル・リスボンで暮らすことになった日本人一家。現地でポルトガルサッカーにはまり、サッカーを通じたリスボンに住む友人たちとの楽しい日々、そして別れを描く。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • TAK さん

    海外赴任でリスボンに赴任した家族が最後の1年間ではまったポルトガルサッカーの話。スポルティングリスボンと言うクラブの話とフィーゴ・ルイコスタなどポルトガル黄金世代が最も輝いたユーロ2000の話を中心ですね。 ゴールセレブレーションでショートパンツを脱いだフェルナンド・コウト(現ブラガSD)のかわいいイラストが印象に残ってます。

  • monica さん

    『旅の指さし会話帳 ポルトガル』の著者の作品。夫の海外赴任により親子3人で3年間のリスボン生活になった著者の、その最後の1年間にハマったサッカー観戦について書かれています。スポルティングのファンになって良かった!サッカー観戦楽しい!というファン目線でサッカー音痴の私でも楽しく読めました。ポルトガルリーグの話からユーロ2000の話、またポルトガル人がいかに生活に密着してサッカーが好きであるか伝わってきて、以前リスボンに行った際に客そっちのけで街頭テレビのサッカー中継に集まるウェイター達を思い出しました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

くりかおり

東京都生まれ。おもちゃメーカーに就職し貿易実務の仕事を担当。大学の奇術研究会の同期である夫と結婚後、出産を機に退職。1998年より夫の赴任にともないポルトガルに渡る。帰国後の著書にポルトガルサッカーをテーマとした『EH P´Aポルトガル!』(ランドガレージ刊)がある(本データはこの書籍が刊行された当

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品