人生は薔薇の色 3 オフィスユーコミックス

きら

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784420153751
ISBN 10 : 442015375X
フォーマット
発売日
2018年08月24日
日本
追加情報
:
192p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ako さん

    七男の幼なじみTZと七男を巡って恋のライバルになると想像していたけど良い子だったな。まさかハンナとTZがルームシェアすることになって、更に火事で家がなくなった七男も同居することになるとは…自分の力が何の為にあるのか、どう生きればいいのかわからなくなっていた七男も火事で少し光が見えたっぽい。これからどんな展開になるのか全く想像がつきません。

  • りお さん

    手を握って「お願い」をすると、ただひとりを除いて誰でも言うことを聞いてくれる力を持つハンナ。ハンナのお願いごとの可愛らしさが微笑ましいけど、間違った人がこの力を持っていたら恐ろしい世界になってしまいそう。でもこの力を持てば、人生は薔薇色になるのかな?これは三巻目ですが、一巻から徐々に登場人物も増えて、どんどん面白くなっています。なによりジョンが可愛くていい味出してる!きらさんの描く犬たちの表情や仕草、昔から大好きです。

  • 毎日が日曜日 さん

    ★★★

  • mmts さん

    恋のライバルになるかと思われたTZだったがただのワッツアップガールだった。しかし七男やハンナの能力を全く信じず(ハンナの方の話ちょっと信じたが)、心の持ちようだと押し付ける感じは苦手。ハンナへの苦手感が減ってきたところだっただけに、再びの空気読めないキャラ登場でちょっとげんなり。ただ、七男との関係や2人の能力が今後どう発展していくのかは楽しみなので続きに期待したい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品