空母いぶきGREAT GAME 6 ビッグコミックス

かわぐちかいじ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784098612413
ISBN 10 : 4098612410
フォーマット
出版社
発売日
2022年01月28日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

悪夢再び! またもや日本の国土がッ!?

激戦直後、津軽海峡に堂々と
侵入するロシア海軍駆逐艦!!
公海である海域だが、基地攻撃を受ける可能性も
高い状況下で、アメリカは攻撃を支持…!!
政府が選ぶのは、看過か? 攻撃か?
緊迫する中、蕪木が単独で動く――――ッ!!
嵐のような数日が過ぎ去った後、
世界中でサイバー攻撃が多発…!!
そしてついに、日本の国土に――――ッ!?


【編集担当からのおすすめ情報】
本巻にて、ロシア編は急転回を迎えます。政治的駆け引きのステージから、一気にレッドゾーンに突入! 恐るべき脅威がいぶきと第5護衛隊群、そして日本に迫る。果たして蕪木は、日本はどこへ舵を切るのか!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • saga さん

    津軽海峡の中央を進むロシア艦船。国際海洋法上は適法な行為を逆手に取った軍事大国の尊大な態度。柳沢総理の会見での毅然とした態度に感じ入った。ロシアは元国防相が大統領に就任し、きな臭さが増す。そんな時に、サイバー攻撃に対する我が国の脆弱性を露呈する。また、礼文島レーダーサイトでジャミングを疑われる不調があったのに、駐屯する自衛隊員の危機管理意識が低いような印象を受ける。

  • リュウジ さん

    この巻の大半は大国ロシアとの外交“戦”。刻々と状況が変わる中、一手、打つ手と“伝えるメッセージ”を間違うと最悪な事態を招きかねない状況で、全責任を負うのが日本の総理大臣(根っこに女性剣道家のアイデンティティをもつ人)。「恐れ、それでも逃げずに闘うこと」「かけ離れていても理想を大切にし、現実を見据え行動すること」。彼女や現場自衛官が放つ言葉に内包するのは今の日本が持ち得ない真実の信念。ロシアがウクライナに中国が台湾に対し、きな臭い今、岸田“決断しない”さんが総理大臣でいたことが日本の不幸になりませんように。

  • 笠 さん

    4 新刊読了。ロシアがウクライナに全面侵攻を仕掛けたこのタイミングで読むと、本作のような事態もまったくの作り話とは思えない。まして、現実の日本にはいぶきのような有能艦隊も、柳沢のような素晴らしい首相もいないのだ。現実の日本政府は柳沢のような主権を守る宣言どころか、記者会見すら行わず遺憾の意だけを発し続けるのが関の山だろう。日本がロシアの軍事的圧力にさらされ、アメリカにも見捨てられたとき、どのような末路を迎えるか想像するだに恐ろしい。軍事的圧力だけでなく、情報戦やサイバー攻撃を仕掛けてくるのもリアル。

  • もだんたいむす さん

    ドンパチじゃない戦争が開始。終わり方は前作と同じ展開では?

  • かりんけい さん

    ロシア艦隊の動きを何とか食い止めた「いぶき」艦隊でしたが、一隻だけ津軽海峡に突入!青森と北海道の間にあるのに、津軽海峡って真ん中が敢えて公海になってるなんて・・・。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

かわぐちかいじに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品