空母いぶき 映画公開記念 Specialプライスパック

かわぐちかいじ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784098603336
ISBN 10 : 4098603330
フォーマット
出版社
発売日
2019年03月25日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
恵谷治 ,  
追加情報
:
600p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Susumu Tokushige さん

    数年前、知人の作家さんから「面白いよ」と薦めて頂いた本。いつか読もうと思っていたが失念しており、先日コンビニで見掛け思い出す。映画化記念の3巻セット。某国の遭難者が尖閣諸島に上陸など、日本近海の領土・主権を巡る緊張が高まる中、新たな抑止力として自衛隊初の空・海協同運用の『護衛艦いぶき』が就役。その性能を探る某国との鍔迫り合いが続く…かと思いきや、え?あれ?戦闘行為が始まっております。陸・海・空の戦闘が既存の情報と符合し、非常に現実味がある表現に息をのむ。本書は某国を実名表記してる。映画化して大丈夫かしら?

  • モトラッド さん

    ★★★★☆

  • アコギ さん

    いつもは漫画は読まないし映画も観る気ないが、安売してたのでつい購入。こんな展開になってほしくないが、現実も踏まえつつ緊迫感ある。4巻目以降は正規の値段のものしかなさそうなので、借りようかなー。

  • よおうま さん

    しくじった!何気なく買ってしまった! この3冊で終わりじゃないんだ。あー、続きが気になる。残りも買って本棚に並べなくては…。ハラハラドキドキワクワクで面白いです。

  • Aki さん

    ついに手に取ってしまった。学生時代「沈黙の艦隊」で国際政治の中でいかに独立国家として矜持を持って生き抜くかという命題に気付かされた。今非常に危険な国際情勢になっている中、新たな近未来シミュレーション活劇として追いかけていきたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

かわぐちかいじに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド