かまやつひろし (ムッシュかまやつ)

人物・団体ページへ

CD

ゴロワーズ (+1)

かまやつひろし (ムッシュかまやつ)

基本情報

カタログNo
:
BRIDGE260
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
参加人物・団体
:

商品説明

ムッシュかまやつが、90年代渋谷系ブームのど真ん中で完成させた歴史的名盤復活。
コーネリアス小山田圭吾とトシ矢嶋のプロデュースのもと、アシッド・ジャズ界屈指のメンバーに囲まれ現地ロンドンで録音。
トラットリア・レーベルの本格的活動開始25周年記念第1弾リリース。この盤を聴かずしてムッシュを語ることはできない。ボーナストラックとして、コーネリアスとのライヴ・ヴァージョン「ゴロワーズ」収録。

コーネリアスがかつて主催していたレーベル“トラットリア”内レーベル“mo'music”主催のトシ矢嶋氏が声をかけ、ブランニュー・ヘヴィーズ、ジェイムス・テイラー等の当時の英国のアシッド・ジャズシーンを代表するアーティスト達がムッシュかまやつの元に集まり、夢の様なコラボレーションが実現した。 メイン曲である「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」をはじめ、 70年代のムッシュのライヴ定番曲だった「のんびりいくさ」のリメイク「Walk On People」、アルバム『ムッシュ・ファースト・ライヴ』(78年)が初出の「Music, Music」以外は、すべて書き下ろしだった。ボーナストラックではムッシュかまやつとコーネリアス・ロックン・ロール・オーケストラル・サーカスによるライヴ・ヴァージョンの「ゴロワーズ」を収録。(トラットリアのコンピレーション『Menu.42』(1994年)に収録。)

●オリジナルリリース:1994/4/25
●2018年最新リマスタリング
●中村俊夫氏によるライナーノーツ収録
●当時の歌詞カード、ミュージシャン達 (井上陽水、吉田美奈子、荏開津広)による解説・ライナーノーツも復刻。 

<参加ミュージシャン>
ヤン・キンケイド (ブランニュー・ヘヴィーズ)
アンドリュー・レイビー (ブランニュー・ヘヴィーズ)
サイモン・バーソロミュー (ブランニュー・ヘヴィーズ)
ジェイムス・テイラー (J.T.Q)
D.C.リー
コンスタンチン
スノーボーイ
マイク・スミス
ジェラード・プレゼンサー
デニス・ローリンズ
Joy

<アーティストプロフィール>
1939年、東京生まれ。父親は日本ジャズ界の草分け、ティーブ釜萢。幼少時代よりジャズなどの音楽に触れながら育ち、青学高等部在学中から米軍キャンプで、カントリー&ウエスタンを歌う。50年代に「小坂一也とワゴンマスターズ」に加入し、プロデビュー。その後60年代頭にテイチクより3人ひろしの一人としてソロデビューも。アメリカへの留学を経て、64年、旧友の田辺昭知率いるザ・スパイダースのメンバーとして「バンバンバン」「あの時君は若かった」など不朽の名作を残す。70年解散後はソロとして、73年に吉田拓郎と「シンシア」、75年には「我が良き友よ」が大ヒット。その後も、セッションシンガーとして、あらゆるジャンルのアーティストと精力的に活躍。


(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Gauloise
  • 02. Walk on People
  • 03. Monsieur Taylor's New Brand
  • 04. Denmark Street
  • 05. Weekday
  • 06. Novellino
  • 07. Music, Music
  • 08. Asian Monochrome Jazz
  • 09. Hotel Regina Isabella
  • 10. Fungi Porcini
  • 11. Gauloise(Live Version) ムッシュかまやつ with Cornelius Rock'n roll Orchestral Circus (ボーナストラック)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド