ねえたんがすきなのに

かさいまり

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784333025671
ISBN 10 : 4333025672
フォーマット
出版社
発行年月
2012年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
31p;23X25

内容詳細

わたし、ねえたんがだいすき。ねえたんといつもいっしょにいたいの。でも、べったりはだめなんだって。ねえたんはときどきわたしのことがきらいになっちゃうのかなあ…。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しぃ さん

    姉妹がいる皆さん、ぜひ!もー、ねえたんって呼び方がまずズルいくらいかわいい。お姉ちゃんの気持ちも、妹の気持ちもよく表されているようで、小2姉はにっこにこ。3歳妹はまだ分かんないかな?でもねえね大好き真似っこしまくりなのでおんなじことは理解したかな。2人がもう少し大きくなったらもう一度読みたい。

  • 遠い日 さん

    妹から姉への気持ち。姉から妹への思い。お互いに大好きだけど、寄り添ったり、ぶつかったり。それぞれの成長の段階で、姉妹の世界が交錯する。自分の世界をもつお姉ちゃんと、追っかけることでその世界を模倣しようとする妹。鈴木まもるさんの描く子どもはかわいい。妹ゆうゆの成長が鮮やかに描かれていて、みごと。

  • おーちゃんママ さん

    いもうとの気持ち、よーくわかります。私もお姉ちゃんの後ばかり追っかけてたなあ。だから、お姉ちゃんのお友だちともよく遊んでもらった。お姉ちゃんは、鬱陶しいと思ったこともあったんだろうな。お兄ちゃん編とか、兄妹・姉弟編とかも出ると楽しいかも?

  • 木崎智行 さん

    姉妹が身近だと重なります。じーんとします。きゅんとします。うちの次女はねえねがプールに行ってる間にお店やさんごっこのセッティングを一生懸命していました。でも以前、長女は「あの遊び飽きちゃったんだよね」と言っていたのです。切ない。でもちゃんと一緒に遊んであげるから優しい。ぼくの歌にも「パパちょっとだけうるさい」とニッコリ言います。優しい。

  • ケニオミ さん

    表紙とタイトルから内容がバレバレの絵本です。姉がいる場合、何でも一緒にしたい時期があるのでしょうね。可愛らしく、いじらしい絵本でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

かさいまり

北海道生まれ。北海道芸術デザイン専門学校卒業。心のゆれを丁寧に表現したお話作りを続けている。読み語り用CDを作り、独自の世界を展開し、全国各地で講演を行っている。日本児童出版美術家連盟会員、日本児童文芸家協会会員

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品